道場 幸子 ただいまカナダであります! 
by sachikaru
ライフログ
プロフィール
↑カメラ・ライフ Vol,4に載ってます。

道場 幸子(どうば さちこ)
北海道小樽市生まれ。
ただいまカナダ在住。
「亡くなった母にきれいな景色を見てもらいたい」と旅と写真を始める。
世界22カ国行ってみたが、あぁまだまだ世界は広い。

2009年夏、富士フィルムフォトサロン札幌・仙台にて初の写真展「つながる手と手~ぱしゃり中南米」を開催。

ポストカード、フォトブック、写真数量限定販売中です。気になる方は メールください!
販売について


☆メールはこちらへ
sachikaru㈱keroro.keroro
.com ㈱を@に変えてくださいね


■リンク
パラダイスさん
大沢カメラさん
堀田先生
kojiさん!! オーロラ写真!
男の為の「花とブーツ」
明日香さん
桐ちゃん
HiGra編集長様
ケセラ セラ
青い瞳に魅せられて
■世界で起こっていること
サパティスタ民族解放軍
ジンバブエの高橋朋子さん
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

円楽さん ありがとう
 
 笑点の 三遊亭円楽さんが亡くなったのですね。

 ちっちゃい頃から 父と一緒に見ていた笑点。
 小さい頃の私から見た円楽さんは 「ざぶとんをなかなかあげないおじさん」でした。

 あの紫のざぶとんに座ってみたいなぁと ずっと思っていました。

 ツボにはまって一人で笑っている円楽さんをみて つられて笑っちゃうの。
 円楽さんの笑顔は 素敵だったなぁ。

 歌丸さんが司会をやっているのを見るたびに、<円楽さん 元気かなぁ。>と気にかかっていたんだけど。。。
 ずっといてくれると思っている人がいなくなるのは とても寂しいものです。

 円楽さん、お疲れ様でした!!
[PR]

by sachikaru | 2009-10-31 09:43 | 日本 北海道
がんばる!
 
 
f0051485_1215090.jpg

[PR]

by sachikaru | 2009-10-29 12:15 | ケローナ カナダ
カニ星人だ!!!
  
f0051485_10204775.jpg



 数年前の写真を整理していたらでてきました。 
 カナダ ジャスパー アネット湖だカニー。

 
[PR]

by sachikaru | 2009-10-28 10:21 | ジャスパー カナダ
プコンの温泉と町の人たちに びばのんの。
  
 HiGra編集長さまが 私の記事を紹介してくださいました。 ここクリックね 

 ようくんも 書いてくれました。ようくんのブログここクリックね

☆ ありがとうございます~ ぺこり☆


酋長さんと 後ろに見えるのは プコンの名所ビジャリカ火山
f0051485_16141945.jpg


 さぁ今日こそ張り切って 中南米日記!!
 
 イースター島まであと3日だ!  2007年 4月26日 チリ プコン。

 「火山に登って火口を覗き込む」ツアーは 天候不良で断念。

プコンのカメラ屋さんのおじさん。火山が爆発しているのを写真に撮ってひっくり返してみてみたら ライオンの顔に見えるんだすんごいだろ、と 記念に写真を一枚くれました。 確かにライオンだ!!
f0051485_15592142.jpg


 プコン最終日は 温泉に行ってみました。 

 チリは 日本ほどじゃないけど 温泉が、ある!!
 プコン近郊の温泉は こちら。

Termas Huife  プコンから33 Km. Tel: 197-5666 Tel/Fax: 44-9570
Termas San Luis     32 Km. Tel: 41-2880
Termas Liucura   17 Km. Cel: 09-6450157
Termas Menetue 30 Km. Tel: 44-1877
Termas Palguín   30 Km. Tel: 44-1968


Termasが「温泉」ね。 ほら、昔、テルメとかってあったでしょ。 スペイン語では テルマスなのだ。

 このころの旅日記が見つからないので どこにいったのか定かじゃないけど 宿のおばちゃんおすすめの小さな温泉に行って見たの。

 のんびり30分以上バスに揺られて ひなびた温泉に。
 こっちは すっぽんぽんでは入れないので、まずは水着に着替えます。

 川の横にある温泉はいくつかにわかれていて、あっついのと ぬるいのと 冷たいのなどあり。 肌がつるつるする!みたいなのはなかったけど ずっとシャワー生活だった私には天国。 他にほとんど人がいなかったのでひたすら浮かんだり 泳ぎの練習。 一人唄を歌ってみたりする。あ、もちろん演歌ね。

 散々一人で遊んで 体が冷えてきたので 着替えてバスを待つが 一向に来ない。
 地元のおばちゃん2人と待つが 待っても待ってもこない。 ん~ さぶっ。。。

 と思っていたら 向こうから どっどっど、と威勢の良い音が。なんだなんだと遠くを見ると 砂ぼこりを立てまくって 羊たちと わんこたち、そして馬に乗った羊飼いが やってくる。

 「なんで ここに羊が。。。」とぼんやりみていると 地元のおばちゃんが「ほら、めずらしいだろう羊だぞ観光客よ。 写真撮らないのか」と言って来る。
 それで撮るのも悔しいけど ちょっと撮ってみてしまう自分が好きなような嫌いなような。

 結局 外が暗くなってもバスは来ず、鼻がたれてきたころに、温泉のチケット売り場のおばちゃんが 「ここ、入ってていいよ」と声をかけてくれ、暖かい暖房にあたり、お茶をごちそうになったのでした。

 おばちゃん、本当にありがとう。涙(と鼻水)


 チリは チョコやアイスが ばりうまい。 プコンのアイス屋もすんごいうまかった(スーパーの向かい側にある チョコとアイスのお店ね)

 アイスもうまいし、お姉さんかわいいので2度行っちゃいました。
f0051485_1555386.jpg


 そして このたった3日のプコン滞在で また吐き気がきて具合悪くなったので 薬局で薬をもらったのでした。 薬もらったからもう大丈夫だー って 安心してたんだけどね。 お腹の悪魔達は そうは簡単にひきさがらないのでした。。。。

 次回は いよいよ チリの首都 サンチャゴです!!
[PR]

by sachikaru | 2009-10-26 16:01 | チリ
かごの外に何がある?
お花屋さんのお友達が 宣伝してくれました~☆ ありがとう☆ 
  小樽フラワーさんのブログ
  あなたの暮らしに きれいなお花たちを☆


メキシコ サカテカスの子
f0051485_7225229.jpg


 さてさて、
 ルームメイトに誘われてヨガに行ってきました。
 「はい リラックスして~」って先生いうけど 他の部屋のダンスレッスンから流れる激しい音楽が ずんずん響いて難しくってよ。 あぁ、ヨガに行くと その後果てしなく眠くなるのはなんでだろう。。


 そして今日は 病院へ。

 しってまふ? カナダは 診察代がタダ、なのよ!! タダ!

 州によって 月にいくらか払う制度のあるところと、払わなくていいところがあります。
 私がこの間までいた アルバータ州は タダ。
 今いる ブリティッシュコロンビアは たしか50ドルくらい。

 だが! ラッキー☆ と喜べるものでも、なす。 
 
 というのも、飛込みで入れるクリニックと そうでないところがあり、電話できいても「今は新しい患者は受け付けないの」といわれたりします。 私も片っ端から断られました。

 なので 盲腸で死んでしまう人もいたり、 わが職場のマネージャーは 頭の検査のアポを2月にお願いしたら、連絡が来たのは 10月だった、とか。 そんなんなら お金払うから 早く見てほしいもんだ。

 ってなわけで クリニックにいって ちょっと診てもらいました。
 検査をして、お薬をもらって 「検査で何か悪いところあったら 電話するね。」と 女医さんはさっさと違う患者の元へ。

 日本であれば 診察後 名前を呼ばれてお会計でそ。
カナダで病院にほとんどかかったことがない私、帰っていいのか 後で呼ばれるのかわからず わいわいとだべっている受付のお姉さんにきいてみました。

 お菓子をむさむさほおばっている受付嬢曰く
 「お金?いらないわよ。 何かあったらまた来てね」

 ・・・・なんとなく、得したような気分になってしまった。 あぁ 小市民。

去年のテディ(この風景 見覚えある方いらっしゃるのでは?)
f0051485_727304.jpg


 カナダは 高収入でない限り 確定申告でも思いっきり税金が戻ってきます。
 多くの人が 確定申告を「年に一度のボーナス代わり」に楽しみにしています。
 
 友人は「お金がなくて困った時まで とっておく」、と、5年間申告せずにいたの。
そして ようやく今年 5年分の申告をしたんだけど

 なんと 戻ってきたのは9000ドル!(ただいま 1ドル=87円だから 80万円くらい?)
 もう彼女、るんるんで お洋服を買ったり家具を買って 人生を謳歌していたよ。

 この間までいた アルバータ州はリッチな州です。
 石油がとれる豊かな州なので、税金も安い。 
 数年前は 「もうかったから 州の皆さんへ 少しおすそわけ(はぁと)」と 一人30ドルずつくらい 支給されたそうです。

 州や国によって色々制度がちがって おもしろいなぁ。

 ルームメイトのアブドゥル君の国、イエメンは ブタは食べないし、酒はのまない、断食するし、一夫多妻だし 親が結婚相手を決めるのは あたりまえだって。 好きな子ができたら 「この人と結婚したい」とは言えるみたいだけど。 デートや同棲とかもありえないそう。

家族旅行にきていた双子
f0051485_7284439.jpg


 アブちゃんに いろいろつっこんできいてみました。
やはり カナダとイエメンは相当違うので 人生変わってしまう人もいるそうです。 

 アブちゃんの知り合いで イエメンからカナダに来た男性が カルチャーショック!!!
 すっかりこっちの自由さに魅せられ、 カナダ人の彼女を作り、酒を飲み、クラブに行って。。。。

 その後 イエメンに戻って 親が決めた相手と結婚したけど、どうしてもカナダの生活と彼女が忘れられず、すぐ別れてしまったとか。 今、彼はどうしているんだろ。 

 広い世界を知ることはいいことだけど、知りすぎると 元の世界に戻ることが難しくなる。
 
 広くなった価値観を 小さい世界に詰め込むのは 簡単なことではないのです。
 外の世界を知らないほうが 楽しく過ごせることもあるのです。

 これについては また今度、機会があったら書いてみようと思います。

 
 あ、中南米日記が また書けなかったーーー!!
[PR]

by sachikaru | 2009-10-24 07:18 | ケローナ カナダ
雑誌掲載の経緯 をつぶやいてみる
 
 今回は カメラライフ特集でふ。 雑誌雑誌と 近頃わいわい騒ぎすぎたので、この日記で 雑誌ネタから 普段の中南米日記へと戻ります 書くぞ中南米日記!!

 雑誌のHPにも載せてくれました。これね

 やなちゃんのブログでも これね

 00101さんも。 これね

 ムーチョス グラシアス アミーゴス!です!!

千葉メンが本屋でとって送ってくれた。平積みだったのをわざわざラックにいれて撮ってくれたの。ありがと~
f0051485_14423330.jpg


 さて、2割8分しかすすんでいない「中南米日記」に戻る前に、ご要望のあった 「雑誌掲載のハテナ」について 書いちゃいます。

 ご覧になった方もならない方も、
北海道生まれでカナダ在住のあんたが どやって全国紙にでることになったんや 自分で売り込んだんか

 なんて思っているでそ。

 
 ふふふ、 実は きっかけはね~~~~~

 この、ブログです!!


 編集の方が 「だ~れかおもしろいのいないかなぁ~」と 写真ブログを片っ端から見ていったそうです。 

 そこで 見つけたのが、あたいのブログ。 
 そして声をかけてくれたの。 

 その頃はちょうど写真展準備真っ最中。カナダから帰ってきててんやわんやでした。

 元々、カメラ雑誌に関しては ほぼ無知な私。メッセージをいただいたときは 「カメラ ライフって・・・何?」と 頭はハテナ。翌日 カメラ屋パラダイスで 「あの~ 知ってます??」と スタッフの方にきいたんです。

 「・・・・どうばさん、知らないんですか 全国誌ですよ。 え? 編集部から掲載依頼が来た? ・・・・やるしかないでしょう!!」
 ってな訳です。 

アメリカ ニューメキシコ州 アルバカーキにて。 旅のはじめの さてぃこ
f0051485_14481452.jpg



 にしても 編集部の方、すごい。
 全然メジャーでもなく、会ったことのない私に 「やりましょう!」と声をかけてくれるなんて。ものすごい勇気です。 そして 賭け、です。

 このブログに出している写真達は ベスト写真ではないし、文章もあほ~だし、 一かばちか、だったに違いない。 

 そんな編集部の方の不安要素を取り除いてくださったのが、

 今回「カメラ ライフVol4」でフィジー特集をされた 相原正明さんです。

 仙台での私の個展にきて下さった相原さん。
 そのとき カメラライフの話はでなかったので、お互い、同じ号に出るなんて知らなかったんです。

 その後、相原さんが 編集部の方と打ち合わせしている際に なんでか私の話しになったそうで、
「道場さんに会ったんですか? 一体、どんな方なんですか」ときかれ、相原さんが色々私について説明してくださったそうです。  

 そう!相原さんのおかげで 私が<おちゃめでキュートなカメラ女子>、ってことが 証明されました 笑   相原さん、本当にありがとうございました!

 メキシコ・サカテカスの あいーん
f0051485_154160.jpg
 
 

 皆さんから見たらたった2ページだけど、あーだこーだ 配置や表現に悩んで あたまがウニになりました。
 そして、心の中でもやがかかっていたことがクリアになりました。

 2年前の中南米旅行。 写真展と、この記事のおかげで 着地ができました。
 あの旅で感じて、伝えたかったこと、伝わったんじゃないかな、と思います。

 旅から帰って来た頃は 自分の中でもうまく言葉にできずにいました。
 みんなに見てもらうための写真展や雑誌の記事は、 自分を大きく成長させてくれました。

 あっちこっちに枝が伸びた花々を きれいに活けることができたような感じです。


 この場をかりまして、あらためて 写真展に来てくれたみなさま、お手伝いしてくれたみなさま、そしてカメラ・ライフのHさん、本屋さんに足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。


 さぁ、あなたも レッツ ブログ更新!!
 ブログは あなどれませんよ~~~!!!!

 

 カメラ ライフ
 「ラ」が2個続くので 短縮して呼んでみたら「カメライフ」になりました。

 なんか違う類の雑誌になっちゃうので やめよ。。。

[PR]

by sachikaru | 2009-10-22 14:33 | 雑誌掲載
七面鳥ナイト
  
 ちょっと実家に帰っていたルームメイトのジェシカちゃんが 数日遅れの サンクスギビング パーティーを開きました。我が家で。

 七面鳥を一生懸命焼いた彼女、ベジタリアンです。 奉仕の心だね!! 

 お友達みんな、みんなとにかく気さく。 
 男性はみんなミュージシャンだそう。
 
f0051485_1638258.jpg


 友達のデジカメ使用。 慣れないとむずい!
 
f0051485_16385443.jpg

 ↑
 「髪の毛一杯あっていいなぁ 私なんて全然ないのよ! 触ってみてこのネコ毛!!」と 頭を差し出すケーティちゃん。 美女にも悩みあり。 この後 ズラかぶってました。

 ルームメイトの彼氏。 チェ ゲバラに似ているので、「チェ」と呼んでいる(私だけ) 
 
f0051485_1644797.jpg


 
 残った七面鳥で 今夜はカレー。

 カレーを食べた後に、新しいルームメイト イエメンからきたアブドゥール君の特製パスタをわけてもらって、お腹ぱんぱん。メタボリックぱんぱん!!
イエメンの国についてあれこれ教えてもらいました。 あー 行ってみたい イエメン。

 カナダでも 30日間断食したって アブちゃん。 一日5回はお祈りするって。
 すごいなぁ。 

 一夫多妻制で 奥さん4人までもてるんだって。 アブちゃんとこは お母さんは一人で、アブちゃん兄弟10人いるんだって。  ともだちんとこ 25人兄弟だって!   

 あすも アブちゃんに一杯質問してみようっと。
  
[PR]

by sachikaru | 2009-10-18 16:40 | ケローナ カナダ
でた~!!
 
 Daisuke君のコメントで気づきましたが、

 日本時間では 今日は17日なのですね!!!


 ってことは・・・・・
 
 本日 
「カメラ ライフ VOL.4」 発売でぃ!!!


f0051485_621911.jpg



Daisuke君、ブログで紹介してくれてありがとう☆ イケメン Daisuke君のブログはこれ

 この日記みたいな あほなこと、書けんかったよ~~ だいちゃん~
 とはいえ、あほキャラはでているけどね。
 
 あ、このこと、お父さんに言うの忘れてた。
 ばぁちゃんに 見せたげないと!!!
 また 親戚が集まって話すネタが増えたね よかったよかった。


 本屋、書籍をあつかっているカメラ屋さんにも GO!!!

さぁ、私の代わりに書店へ!  カナダの書店には ナッシングぅ!!
[PR]

by sachikaru | 2009-10-17 06:27 | 雑誌掲載
チリ プコン 山に登る Vulcan Villarica
  
 前回 チリ プコンの続き。

 「英語質問攻め」の翌日は、早朝から 山に登りました。
 プコンのシンボル、ビジャリカ山へのトレッキング。

 ビジャリカ山は 街から見たらこんな感じ。
 
f0051485_54063.jpg

 酋長さんたちの間の山がそれです。

 この山、火山なので 火山口まで歩いていけるんですよ これは見てみたい!!!

 とやる気満々で参加したトレッキング。(朝7出発 17時終わりのツアー)
 冬場はスキー場なので トレッキング入り口まで まずはリフトに乗るみたいなんだけど、、、、

 だー 天候不良で リフトが動かない。
 そして 悪天候の中、トレッキング自体をやるかやらないかで 参加者7人 他のツアー会社の参加者みんな、1時間ほぉったらかしにされた。
 寒いっつーの。。。

 とはいえ ツアー会社も これで終わると みんなにお金を返さないといかん。
 みんなの命とお金を天秤にかけ考えた結果、
 
 歩けるところまでちょっと歩いてみよう、という結果に落ち着いたよう。
 安易だけど妥当?

 まぁしゃーないか、と歩き始めてみるものの ばびゅんと叩きつける強風!
 体の小さい私は 体がふらつき、岩場の歩行 まじこわい!

 結局 ガイドの兄ちゃんのハイキングスティックにつかまってハイキング。 
 風で体がふらつくと 後ろの兄ちゃんに支えられる、と まったくもって お荷物状態の私でした。

 そして 着いたところは リフトの降り口。
 結局 トレッキングの入り口まで 歩いただけでした。 がくっ

 リフト降り口からの眺め
 
f0051485_515356.jpg


 「ココから先、危ないからもう無理だから帰るね」、とガイドの兄ちゃんに言われ、えええぇと思っても、お荷物な私が だだをこねるわけにもいかず、 あっさり帰りました。
 
火口の風景は本当に見事です。 グーグルってぜひ調べてみてください。
 硫黄のにおいがすごいので ガスマスクをつけて 火口をのぞかないといけないみたいです。

 消化不良のトレッキングだったけど、その分、町の夕日は とてもきれいだった
f0051485_5133230.jpg


 今日も一日ありがとう。
 これだから 旅は楽しい。


 次回は プコンの温泉と町の様子 です。

 

 
[PR]

by sachikaru | 2009-10-16 05:15 | チリ
チリ プコンで なぜか英語教師

 今週土曜 17日、「カメラライフ Vol,4」発売ですね!

 とはいえ、カナダで生活をしていると、 写真展をしたこと、雑誌に載ることなどはまるで異次元の世界の話。 ど~~もいまひとつピンときません。  

 雑誌のゲラを眺め 「この写真、本当に私が撮ったの? うわ~ すごいなぁ」なんて 思っちゃうから困ったもんです。  撮ったの自分やん あんた!!


 さて、中南米日記 チリ!!

 2007年 4月24日。 

 この頃の私は、<4月29日サンティアゴ発イースター島行き>のチケットを買っていたので それに間に合うようにと せっせと北上していたのでした。 忘れた頃にやってくる具合の悪さを抱えながら。。。 

 チリの トド市場 「バルディビア」から 今度は もちょい北の「プコン」へ。

 首都サンティアゴの南650kに位置する。標高227m。名称はマプチェ語で「山脈への入り口」を意味する。湖と火山に近く、そして特に夏の気候の穏やかさから、プコンは観光地として高い人気を誇っている。
  (うっきーぺでぁ による)

 と文章の通り、 大変穏やかな観光地、です。

 私がここにいった理由は 「温泉」。
 だって日本人だもの、2ヶ月間60Lのバックパック+αかついでいるんだもの いいかげん、温泉に入りたくなっちゃうの。。。

 バルディビアのトムハンクスが勧めてくれた宿へ。
 バスターミナルからすぐで いい宿なの。(名前調べてみます)

 そこのご夫婦 とってもかわいい
f0051485_17575119.jpg


 宿でのんびりしていたら 宿のご夫婦の友達がやってきました。
 といっても まだ若く、 私を見ると スペイン語なまりの英語で話しかけてきました。

 彼は 一生懸命独学で英語を勉強しているそうで、英語圏からの泊り客とお話しして 会話力を向上している、とのこと。 明るくひたすらしゃべる兄ちゃんだ。

 へー そうなの すごいね~ 
 と少し話したら、

 「今夜は暇か? 一緒に飲もう、でもって英語を教えてくれ」、 と お兄ちゃん。

 ええ 二人でお酒?どきどき  でも、宿の人の友達だから 変なことせんYo! と 乙女な私は心の中の悪魔と天使の会話をきき、「いいよぉ」、と返事。

 その夜は 酒屋で一緒にウォッカを買い、 彼の家に行きました。
 居間には、彼のルームメイトと彼女さん、そしてなぜか 豪勢なケーキ。

 なんで? ときいたら 彼のルームメイトの誕生日、とのこと。

 ええ~~ なんももってきてないよ~ ごめんね お酒一杯飲んでね
 おめでとう おめでとう!!!

 と 4人でケーキを食べて、お酒飲んで 英語質問攻めの夜がふけていくのでした。。。

誕生日のルームメイトさんと彼女さん
f0051485_1817042.jpg


そして 英語勉強中のにぃちゃん
f0051485_1818562.jpg


 英語が話せると いい仕事につけるから、っていってました。 スペイン語とっても素敵なのにねぇ やっぱりどこでも英語だね。 英語が主流な世の中 変なの。

 彼は とても楽しそうに、興味しんしんで 英語を話そうとします。
 語学の上達の一番のコツは、 楽しむこと
 これは どの分野でも 共通することですよね☆

 そして 大学時代、英語の授業ばっかりだったのに 本気で学ぼうとしていなかった自分を情けなく思えたよ。 せっかくお金払って 学びにいっているんだから、テストのためでなく、ちゃんと勉強したらよかったな。
 学校に行けるって すばらしいことなのに、学生時代は遊ぶことばかり考えてて、大人になってから学校行きたいな~って思うこのあほさよ。

 ああ 矛盾。

 こうやって プコンの初日は よっぱらって終わったのでした。

 
 次回は プコンの日2日目 山登り でふ
[PR]

by sachikaru | 2009-10-14 19:02 | チリ