道場 幸子 ただいまカナダであります! 
by sachikaru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
ライフログ
プロフィール
↑カメラ・ライフ Vol,4に載ってます。

道場 幸子(どうば さちこ)
北海道小樽市生まれ。
ただいまカナダ在住。
「亡くなった母にきれいな景色を見てもらいたい」と旅と写真を始める。
世界22カ国行ってみたが、あぁまだまだ世界は広い。

2009年夏、富士フィルムフォトサロン札幌・仙台にて初の写真展「つながる手と手~ぱしゃり中南米」を開催。

ポストカード、フォトブック、写真数量限定販売中です。気になる方は メールください!
販売について


☆メールはこちらへ
sachikaru㈱keroro.keroro
.com ㈱を@に変えてくださいね


■リンク
パラダイスさん
大沢カメラさん
堀田先生
kojiさん!! オーロラ写真!
男の為の「花とブーツ」
明日香さん
桐ちゃん
HiGra編集長様
ケセラ セラ
青い瞳に魅せられて
■世界で起こっていること
サパティスタ民族解放軍
ジンバブエの高橋朋子さん
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

メキシコ サカテカス。
f0051485_234497.jpg



メキシコ 初上陸、最初の街は サカテカスです


どんな危険が待っているかと思いきや 治安は 夜中一人で歩けるくらい安全、 人はみな親切、夜景は 人生の夜景ベスト3に入る美しさ、 歴史的な町並み、 最高 です。


ホステルは Hostel Villa Colonial 近くの友達が経営しているバーの一杯無料券がもらえて(仲良くなると) 無料テキーラ付、
看板犬 Lara は 体当りで 愛情をぶつけてきます。

ここの宿は 屋上からの眺めが最高!! 

教えたくない、とっておきの宿!!です。


この町では 世界では珍しい、炭鉱内のクラブがあり、トロッコに揺られ2分、赤いヘルメットをかぶった男性たち(親父さんが多い)が サーブしてくれます。

選曲はイマイチだけど やたらとねっぱついたカップルを鑑賞できます。

また 思いがけず サカテカス産の高級トマト マジックフィールドのPR用DVDの 日本語版を翻訳、そして吹き替えの仕事をしました。日本への輸出をしたいそう。もし、日本で ここのトマトを見かけたら これか! と 思い出してみてください。

f0051485_23461196.jpg



サカテカスのおすすめは

ブーファからの夜景、 カテドラル、LA MINAという旧炭鉱と 週末だけ営業するクラブ、そして 地元の人々、バー。おいしいトルティーヤ。

おすすめの町で一番古いバー 「Las Quince letras」。絵がぎっしり 生演奏と
テキーラで 町の人と盛り上がれます。(場所は 町の人に聞くとわかりますよ)


それとそれと、知り合いになった地元の人に テーブルダンスに連れていってもらいました。


私と友人女性3人以外の バーの女性は、皆 スタッフだそうで ぎりぎりの水着やぎりぎりのスカートで あれよあれよというまに すっぽんぽん。

びっくりして口があんぐり。ここでは書けない あんなことやこんなことが繰り広げられてました。

そこのトイレは、仕切りなしで便器が3つ。 顔合わせ仲良くお話しながらの数分間、です。
私の横では 趙セクシーねぇちゃんが 白いお粉を鼻で吸ってました。 目が合うとにっこり。

フロアでは 体に障害のあるお兄さんが 楽しそうに女性と踊ってます。
その脇で あわよくばを待ち望む元気な男性たちがいっぱい。
私と一緒に行った男性は 奥さんを亡くして以来ここにくるようになったそう。

さまざまな人が、思いが とびかう空間でした。



ここは かなり郊外 ぽっかりネオンがうかぶ風俗地区なので なかなか行けるところではありません。
すでに部屋で寝てしまっていた相棒が、どれだけ翌朝 心の底から悔しがったかは 言うまでもありません 。



次は ここからバスで 半日 、グアナファト、です。
[PR]

by sachikaru | 2008-02-07 23:39 | メキシコ
まずは アメリカ ニューメキシコ州。
f0051485_17335224.jpg



さて、ロスから アムトラック(列車)にて 14時間ちょっと
ニューメキシコは アルバカーキに数日滞在しました。

名前の感じからして 常夏かとおもいきや 外は 1面真っ白。 雪景色。。。
サボテンに 雪がかぶっている光景は 不思議です。

そこでは ルート66ホステルに滞在。
シャワートイレ付き プライベートで 40ドルほど(3人で)。 ホステルとは思えないおしゃれな内装で
無料あさごはんも あり。 最高です。

ただ、駅からは 10ブロック歩きます。バックパックになれてないとちょっとつらい。。

(あと、後に、ここは 「出るよ。。。」とききましたが、どうなんでしょ?)



さて、オールドタウンを あるいていたら 地元のおじいちゃんに出会いました。
f0051485_1734255.jpg



絵を書いているのでぜひあそびにこいとのこと。


じーちゃん HR ホワイトマン氏は 一人で住んでいる大きなアトリエ&じたくにて 快く迎えてくれました。
家に飾られた無数の絵とオブジェは 個性的。 彼の好きな技法は 平面な絵に ひとつ立体的な物を加えること。

お母さんカンガルーの絵に ぬいぐるみの子供カンガルーを張り付けたものは とてもかわいらしかったです。
じいちゃんがいいました。


「これね、子供カンガルーのしっぽが 絵に張り付ける時邪魔だったから 切ろうとしたの。
でも、奥さんが かわいそうだから切っちゃだめっていうからね」


といいながら 絵の裏を見せてくれると

キャンバスを 小さく切って 裏側にぴょこんと 飛び出ているしっぽが ありました。


ただいま92歳。 オリジナルは絶対に売らない主義のため ガレージには 2千枚以上の作品が収納され、
オブジェもいまだ作り続ける 現役のアーティストの彼は

電気自動車を 自ら改造し メディカル号と名付け、 つったっている私の相棒にむかって


「そこに立っていると ひくよ」


と おどして ばびゅうンと ガレージの中をドライブ。 乗りごこちの良さを 見せてくれるなど

とても元気で おちゃめな じいちゃんでした。



相棒Kは そばの汁をこぼし、新聞紙で服をふいてます。 合理的、だそうです。



次は サンタフェ 編 を お送りします (予定)


f0051485_17341084.jpg

[PR]

by sachikaru | 2008-02-01 17:36 | 中南米