道場 幸子 ただいまカナダであります! 
by sachikaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
プロフィール
↑カメラ・ライフ Vol,4に載ってます。

道場 幸子(どうば さちこ)
北海道小樽市生まれ。
ただいまカナダ在住。
「亡くなった母にきれいな景色を見てもらいたい」と旅と写真を始める。
世界22カ国行ってみたが、あぁまだまだ世界は広い。

2009年夏、富士フィルムフォトサロン札幌・仙台にて初の写真展「つながる手と手~ぱしゃり中南米」を開催。

ポストカード、フォトブック、写真数量限定販売中です。気になる方は メールください!
販売について


☆メールはこちらへ
sachikaru㈱keroro.keroro
.com ㈱を@に変えてくださいね


■リンク
パラダイスさん
大沢カメラさん
堀田先生
kojiさん!! オーロラ写真!
男の為の「花とブーツ」
明日香さん
桐ちゃん
HiGra編集長様
ケセラ セラ
青い瞳に魅せられて
■世界で起こっていること
サパティスタ民族解放軍
ジンバブエの高橋朋子さん
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:中南米( 7 )

小樽語? と 青い海
 小樽の男性が紳士服屋さんに電話をしてこういいました。「男性用のバーバリーは そちらにありますか?

 さて、この意味わかる?

 
 答え: 「男性用のコートは そちらにありますか?」  です。

 バーバリーってブランド名なのに コートひとくくりをバーバリーとよぶのは、 小樽だけなのでせうか。


 驚く札幌人に 「じゃあ ヤッケって何か知っているか」ときくと きょとん。
 知ってますよね ヤッケ!?

 合羽とかいて ヤッケだよね  ね?  これは小樽語じゃないよね? ね?


 こんな景色をみたことを忘れていた。 パナマにて。 この犬と友達になりたい。 
f0051485_23163181.jpg



 ちなみに 友達のおばぁちゃんは ウィンドブレーカーのことを 

 「アルミ」とよびます。  アルミ。。。 いいたいことは わかるよ ばぁちゃん。



 


☆ランキングに 2つ参加してます
ぽちっと♪ お願いします☆
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]

by sachikaru | 2011-04-21 23:16 | 中南米
フィッツロイ3日目。 またしても!

 休みの日だってのに 大いに曇ってます。 どうせ風邪だからいいんですけど。ね!

 めずらしく早起きして 部屋でのんびりしていたら ルームメイトが「さちこ 仕事よ!!」と起こしにきました。
 ・・・・・ だから 休みだってば。 ほうっておいてちょうだいっっっ!!


 
 さて フィッツロイ3日目。

 トーレ氷河を眺め、いよいよ町へ戻ります。トーレ湖から町までのトレイルも 結構きつくないです。
 
f0051485_23561033.jpg


 私の頭の中は 「お風呂に入りたい。 アイスが食べたい。 ビールが飲みたい。」 欲の塊です。

 ゆきちゃんの人生話をききながら長い事歩いたら とうとう町につきました。 いえ~い!!

 何でか知りませんけど カラファテやエルチャンテンには 犬が多い。
 野良犬なのか飼い犬なのかわからない犬が どーんと道に寝ているのです。

 
f0051485_03436.jpg
 

 本来、そうあるべきかもしれないねぇ。

f0051485_0222964.jpg



 で、山を降りて 飢えていたくたくたの私たち 昼間からパブに直行。 ビールとケーキ。
 
f0051485_06379.jpg

 この笑顔がすべてを語っています。

 ぶは~ いいねぇ、ビールだねぇ と話していたら、
 通りに見おぼえのあるカップルが。。。。

 二人「!!!!」

 「あれは、、 酔っ払ってバス逃したときのカップル。。。」
そうです、カラファテに来る前に バスターミナルで ワインで盛り上がって思いっきりバスを逃したときのコロンビア人カップル。

 「やばい、またここで会ったら 絶対バス逃がす・・・・・」
 とっさに隠れた二人でした。


 下山後すぐのビールは効く。すっごく楽しくなってまだもの足りんとスーパーでもビールを買い、きゃっきゃと帰りのバスに乗り込みました。
 バスの中に カップルがいないか すかさずチェック!! ・・・・いなかったわぁ。 
 
 結局は 酔っ払っておわり。

 それでいいんです。




  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-11 00:23 | 中南米
つながっている手と手!! お友達紹介!

 どうもです! 南米旅行記の更新がちっともできていないです。はっはっは! どうばです!

f0051485_1624066.jpg


 今日は アレックス君 2歳の誕生会に招かれました。
 ケーキまみれの顔で飛びつかれ、蹴られ、子供二人に挟まれている内に 4歳のミリーちゃんは 私のひざですやすや。。 ひざが妙にしめりますた。

 彼の中で流行っている 「お?」の顔↓
f0051485_1625068.jpg


 職場も 七面鳥の日(サンクズギビングデー)で 家族連れが多く、今日は さっぱりわけわかめのふにゃふにゃ語を 一生懸命話してくるベビーカーに乗った幼児と会話。「そうだそうだ、わかるわかる」と相槌を入れたのが嬉しかったのか 徹子並にとぎれないトークの末、おもむろに靴を脱いで 靴下の模様まで見せてくれました。 イカダ模様だね、うん、うん。 

 さて、 来年 「つながる手と手」 と題して 写真展をさせていただくわたくしですが、 昨年は ボリビアのラパスで ダイスケくんと出会いました。

 雑誌に出てくるような目鼻立ちのはっきりした美少年、なんだけど、ラパスは標高が高いので 高山病になる人がおおく、彼もそれだったようで 食欲もなく、相当苦しんでました。

 みんながボリビアではまる 「フルーツ盛り合わせヨーグルトどっぱり」40円相当?のものを あれほどまでに苦しげに食べる人は 彼以外に見たことがありません。

 そんな中 もっと標高の高いところにある泥棒市に出かけ、見るたびにこぎれいになっていく彼、お腹壊してるってのに 破格の50円くらいのセットメニューを食べに行く彼。 いきなりくるくるパーマを町の床屋でかけた彼。(宿の男子が次々にくるくるになっていく怪奇現象による)

 まぁ とにかくユニークでイケてる人でした。

 と、そんな彼が お花屋さんを始めました!!
 
 ROCK`nCOOLな花屋、その名も「花とブーツ」!!!!!!
 店舗を持たずネットでの花屋だそうです。

 HP(の一歩手前)がコレ↓
 http://hana-boots.com(音付き)

 ほんでもってブログ!
 http://blog.livedoor.jp/hana_boots/

 個人への販売だけじゃなく店舗のディスプレイやウェディング関係のこともされるそうです!

 男の為の花屋だって。 なんだかおもしろそ。ブーツに花を入れてくれるのん?

 と私同様に思った方、ぜひチェックしてみてください★
 GO!GO! だいちゃん!!

 ブログでは 心優しいダイスケくんが、私の写真展について書いてくれました。感謝!!
 私も、ブログの左側に 友達リンクをつくって 花とブーツ紹介してます★

 「つながる手と手」、また一つつながった感じがします。。。。

 どんどんつなげていきまっしょい!!!!
 

 明日は 友人宅で七面鳥を食べます。その翌日も友人の職場パーティで 七面鳥を食べます。 あぁ七面鳥三昧。 ・・・・醤油、持参していいっすか?


 関係ないけどメキシコサカテカスの風景↓


f0051485_16474099.jpg
 写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2008-10-13 16:38 | 中南米
お祭りと 未定な決定

先日、歯医者の帰りに お祭りがやっていたので 坂の上の神社へお賽銭投げに行ったところ、境内にて 知り合いがお店を出していたので

 「ひさしぶりでっす」と声をかけたら

 まぁ ちょっと座ってのんでけ食べてけ。昼間からビールや串焼きをごちそうになり、その向かいのお店の人からも魚介などのサービス、気がつくと向かいのおじさん達も飲み始め

 悪天候のせいかほとんどお客のいない境内は、内輪の宴会場と化しました。

 猿回しで跳ね回るおサルの太郎くんに 歓声&やじを飛ばして盛り上がるみんな。

 「次は @@の祭りにいるから来いよ!絶対に来いよ!!」
 
 ぷらっと遊びに来た私に 北海道の味覚フルコースと楽しい時間を与えてくれた知人と向かいのお店の人たち。 すっごく気持ちのよい人たちだった。 感謝、であります。

 その後立ち寄った市役所で 手続きを待っている間に、気持ちよ~く寝こけたのは言うまでもありません。ん~優雅な休日でした。


 さてはて、前回お伝えした写真展の日程が決まりました!

 ①札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月10日~15日

 ②仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日


 です。しつこいようですが、今年でなく 来年の夏、ね。
 仙台は 仙台祭りの時期でございます! 東北3大祭りの一つですから、そうとうすごいらしい!!
 写真展は 祭り会場にも近いので 祭りついでに写真展もお願いしまふ☆ 祭りも牛タンも~ たのしみら~

f0051485_23473891.jpg

 あー。。にしても、タイトルが 決まりません。

 候補はあるんだけど、どうも ぱっとしたのが 浮かばない。。。
 
 私の脳の8割は おちゃらけた言葉なのでねぇ。

 
 今夜辺り 夢に出てきてくれないかしらん。
 
 ウソでもいいので 小粋なタイトル、教えてください。
[PR]

by sachikaru | 2008-06-19 23:48 | 中南米
10日ほどお休みしまふ 次回はメキシコシティです
f0051485_231574.jpg


 っていったって お前毎日更新してねーじゃねーか!!

 と 思った方、そのたうりっ!!!

f0051485_2284290.jpg

 
 ちょっくら 都入りしてきます。

 4月こそは、毎日更新するぞ~~~~!!


 波動拳っ!!(意味なし)


 お土産には あの一時期騒がれた 白い変人でも買って行こうかな??
なんだか 怪しいアメリカ人って イメージですね。


 みなさま 素敵な 春を~♪


f0051485_2233774.jpg

[PR]

by sachikaru | 2008-03-26 02:23 | 中南米
まずは アメリカ ニューメキシコ州。
f0051485_17335224.jpg



さて、ロスから アムトラック(列車)にて 14時間ちょっと
ニューメキシコは アルバカーキに数日滞在しました。

名前の感じからして 常夏かとおもいきや 外は 1面真っ白。 雪景色。。。
サボテンに 雪がかぶっている光景は 不思議です。

そこでは ルート66ホステルに滞在。
シャワートイレ付き プライベートで 40ドルほど(3人で)。 ホステルとは思えないおしゃれな内装で
無料あさごはんも あり。 最高です。

ただ、駅からは 10ブロック歩きます。バックパックになれてないとちょっとつらい。。

(あと、後に、ここは 「出るよ。。。」とききましたが、どうなんでしょ?)



さて、オールドタウンを あるいていたら 地元のおじいちゃんに出会いました。
f0051485_1734255.jpg



絵を書いているのでぜひあそびにこいとのこと。


じーちゃん HR ホワイトマン氏は 一人で住んでいる大きなアトリエ&じたくにて 快く迎えてくれました。
家に飾られた無数の絵とオブジェは 個性的。 彼の好きな技法は 平面な絵に ひとつ立体的な物を加えること。

お母さんカンガルーの絵に ぬいぐるみの子供カンガルーを張り付けたものは とてもかわいらしかったです。
じいちゃんがいいました。


「これね、子供カンガルーのしっぽが 絵に張り付ける時邪魔だったから 切ろうとしたの。
でも、奥さんが かわいそうだから切っちゃだめっていうからね」


といいながら 絵の裏を見せてくれると

キャンバスを 小さく切って 裏側にぴょこんと 飛び出ているしっぽが ありました。


ただいま92歳。 オリジナルは絶対に売らない主義のため ガレージには 2千枚以上の作品が収納され、
オブジェもいまだ作り続ける 現役のアーティストの彼は

電気自動車を 自ら改造し メディカル号と名付け、 つったっている私の相棒にむかって


「そこに立っていると ひくよ」


と おどして ばびゅうンと ガレージの中をドライブ。 乗りごこちの良さを 見せてくれるなど

とても元気で おちゃめな じいちゃんでした。



相棒Kは そばの汁をこぼし、新聞紙で服をふいてます。 合理的、だそうです。



次は サンタフェ 編 を お送りします (予定)


f0051485_17341084.jpg

[PR]

by sachikaru | 2008-02-01 17:36 | 中南米
いよいよ 南米行きまで カウントダウン


 あと、数日ねると いよいよ出発、です。

 今年は前厄のため いちおう、日本にいる間に 厄を払いに行きました。節分でしたから。

 北海道では 節分には、落花生を撒きます。 
拾いやすいから、かも 謎だけど 落花生なの。
ほっかいどうだけなのかな? どう?

 おばぁちゃん達と 親戚のお寺にいってきました。

 「節分厄払い祭」 (厄年ではないが)

 厄年の人などが 大量に豆やお菓子を撒き、
50人くらいの老若男女が、ぎゃーぎゃー言いながら拾う有様は 芥川龍之介の 「蜘蛛の糸」 を彷彿とさせました。

「あ・・豆。」と手元に落ちたのを拾おうとすると 百人一首のように豆をマッハで奪う隣のおやじ。

 あるおばちゃんは 両手でエプロンをおもいっきり広げ、飛んでくる豆たちを 逆モモンガの如く キャッチ。

 住職が言った 「悪魔や鬼は あなたの心の中にいる」
なんて言葉は もうどうでもいいようです。

 うちのおばちゃんは お経をあげている間 
「やいや眠くなってきた」「足しびれたわ」
「孫が私になつかない」「あんた 今度はどこ行くの」などと 周りを気にせず 一番前でグチをこぼす。 


 おしるこの汁を おちょこで飲んでいた3歳の姪っ子に
「じゃ 帰るからまたね」と 言うと

 「あほーーーー」と指差しシャウト。
 
 「あほーーー」とこっちも返してやった。

  
 節分厄払い祭、参加型のおもしろい祭りなので 厄でない方も、ぜひ!
f0051485_1385858.jpg
f0051485_1392427.jpg
f0051485_13105280.jpg

[PR]

by sachikaru | 2007-02-05 13:10 | 中南米