道場 幸子 ただいまカナダであります! 
by sachikaru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
プロフィール
↑カメラ・ライフ Vol,4に載ってます。

道場 幸子(どうば さちこ)
北海道小樽市生まれ。
ただいまカナダ在住。
「亡くなった母にきれいな景色を見てもらいたい」と旅と写真を始める。
世界22カ国行ってみたが、あぁまだまだ世界は広い。

2009年夏、富士フィルムフォトサロン札幌・仙台にて初の写真展「つながる手と手~ぱしゃり中南米」を開催。

ポストカード、フォトブック、写真数量限定販売中です。気になる方は メールください!
販売について


☆メールはこちらへ
sachikaru㈱keroro.keroro
.com ㈱を@に変えてくださいね


■リンク
パラダイスさん
大沢カメラさん
堀田先生
kojiさん!! オーロラ写真!
男の為の「花とブーツ」
明日香さん
桐ちゃん
HiGra編集長様
ケセラ セラ
青い瞳に魅せられて
■世界で起こっていること
サパティスタ民族解放軍
ジンバブエの高橋朋子さん
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:アルゼンチン( 14 )

バリローチェの ステーキうまうま!

 いやっほい!!

 

f0051485_14262820.jpg
↑バリローチェのかわいい壁絵(写真とってたら通りすがりのおじさんが「これがすきなのかい?かわいいかい?」 とニコニコしてた)


 さて 先日ご紹介した アルゼンチンのバリローチェ

 とっても うまいステーキ屋さんがあります。

 El Boliche です。 ステーキにかけては 誰もが納得のお店です。

 宿で仲良くなった スペイン人の子が おしゃれでグルメでセンスがとってもいい。
彼に 「近くにうまいステーキ屋があるから いかない?」と誘われ、素敵な外食をさっぱりしてなかった私は喜んで イエス!!

 バルセロナでナイキの広報担当の彼。良く見てみると 彼のファッションは すべてナイキ。靴もナイキ。 彼の額にも ナイキマーク(ウソ)。 よくこんなんで 南米で襲われないもんだ。 スペイン語ぺらぺらだからかな。

 ナイキにまつわる色々な話をききながら 昼間から ステーキにワイン。
 セレブなひと時です。


 そう、ここで バックパッカーの違いについてお話しましょう。

 日本人バックパッカーは 自炊が多い。外食もリーズナブル。 なんとか食費をうかそうとする人が多いのですが、欧米人パッカーは 食事にお金をかける。 だから 欧米人パッカーとつるむと 食費がかさむのです。 特に 「ロンリープラネット」でお勧めのこじゃれた店には 欧米人がわんさか。

 日本人パッカーが行く店と 欧米人パッカーが行く店は まったく違うのでおもしろい。
 私は おいしい食事が大好きなので 毎日じゃ困るけど、彼らと遊ぶのはとっても楽しいのです。

 まぁみてください このポテトの山
f0051485_14213254.jpg
 彼がうつろ顔なのも 納得の量です。

 ステーキもでかいです。
f0051485_14234481.jpg


 昼間から もう幸せ中枢満杯です。
 
 町のアイスクリーム屋さんもどこもおいしいので ぜひ。
 食べてばっかり。。。ですね。 

 
 だってこの後、食べられませんから。。。ふふふ。。。

 
f0051485_1433154.jpg
 
 





 写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-18 14:34 | アルゼンチン
メルヘンばりばり バリローチェ

 *チョコが苦手な方は 見ないでください(R-チョコ指定)


 2007年4月上旬。

 バリローチェは アルゼンチンの北に位置しております。 「南米のスイス」だそうです。

 ナウエル・ウアピ湖に面した、アンデス山脈の麓にあるこの町は、スイス系の移民が作り上げた町なんだって! だからヨーロッパぽかったのか! 今知りました!! がは!
 
 その前に氷河トレッキングしたりペンギン見たパタゴニア地方は 「南米の軽井沢」とよばれるそうです。

 ・・・知らんがな。
 バリローチェはバリローチェ、パタゴニアはパタゴニアで ええやん。
  もう勝手に俗称つけるの やめーや。

 
f0051485_15235891.jpg
宿からの眺め夜編。

 
 カラファテに続き、きれいな町並み、おしゃれなお店。

 私が思い描いていた南米は 「民族衣装に乾いた大地、ケーナなどで奏でられる音楽。」
 全然違うじゃないって思いつつ とっても居心地よくって6日間のんびりしました。 
 (想像していた南米がやってくるのは まだ先の話。)


 たった今スイス系の移民がつくった町って知ったから がってんがってん!なんですが、 この町は アイスやチョコがすっごくおいしい! ステーキも! 何食べてもうまいの!! 

 町にはチョコ屋がたっくさん。Mitre Streetは チョコ通りと化してます。

 小さなチョコ屋さんから 大きなお店まで。

 人気を争う老舗チョコ屋のなかで 私が これは!!と思ったお店は 「Mamuschka(マムーシュカ)」。

 真っ赤なお店で トレードマークは 「マトリョーシカ」。(人形の中に人形が果てしなく入っているこれです)
f0051485_14461284.jpg
  私が言うんだから間違いなくうまいですから!  乙女がよろこびはしゃぐこと間違いなし! も~うすっごくかわいいのです。

 そして おチョコさま(これは del turistaのおチョコ様)
 
f0051485_14475082.jpg


 ほぼ毎日 マムシュカに遊びに行きました。 宿でできたイギリス人のお友達とMちゃんと3人でチョコツアーもしました。はじけました。

 f0051485_1452434.jpg調子に乗って 一人でお茶までしちゃいました。  私の中に潜んでいた乙女心が爆発。 全財産チョコに費やしかけました。
















塩気の欲しいあなたへ お口直しに町のポップコーン屋さん→f0051485_1531314.jpg
 


















 もう私は おチョコ様の奴隷。f0051485_1455165.jpg   あは~ん もうとろけちゃ~う


 











 ほんっとうに おいしかった!!!!!!!! 今でもよだれがでてきちゃう。。。

 おチョコ様にすっかり夢中の日々。 夜は宿で ワインを飲んでは盛り上がり、それはそれは天国な日々でございました。


 そう、この町まではね。。。。 ふふふ。。。。

 
  


  <チョコ屋リスト どこもおいしいよ。>
 Chocolates Benroth Beschtedt 569
 Chocolates Mamuschka Mitre 216
 Chocolates Bonifacio Mitre 171
 Tante Frida Mitre 660
 Chocolates Rapa Nui Mitre 202
 Chocolates de La Abuela Goye, Mitre 221
 Chocolates del Turista, San Martín Av. 262
 Chocolates Fenoglio, Mitre and Rolando or San Martin Av. 308
 Chocolates Framtom, Mitre 183
 Estrella Alpina, De los Pioneros Av. 4600


  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-17 15:20 | アルゼンチン
宿は大事ね バリローチェ

 2007年4月初旬。アルゼンチン カラファテから 南米最南端のウシュアイヤか もしくは北に進むか考えた結果、北に上る事にしました。

 ここからは 同じ宿だったMちゃんと行動を共に。
 Mちゃんとは メキシコで会って以来、2度目の再会です。

 向かった先は カラファテからかなり北の同じくアルゼンチンにあるバリローチェ。 その頃嫌な事もあったので 計画もなく、なんとなくふらっと、バリローチェ。

 ロンプラ(ロンリープラネット)南米版は かなり分厚くて重い。台湾で買ってきたこのガイドブックに書いてあるお勧め宿に電話してみました。 

 「満室」。

 じゃあ他の宿に行ってみましょ。とバスに乗り込み、降りてみたものの 初めての町、イマイチ良く分からない。 う~ん 宿。。。と探していたら 通りすがりのお兄さんが 「あ、宿? <1004>ならここの10階だよ?」と教えてくれました。 <1004>は満室で断られた宿。 まぁ泊まれないだろうけど他にどっかいいところないかきいてみよっかな~と行ってみました。

キレイで大きなマンションの10階。一番奥のドアを開けると、そこは 宿!
 1004とは 10階の4号室なのでした。

f0051485_14165774.jpg


きれいでなんだかめちゃめちゃいい感じ。
「さっき断られたけど やっぱだめだよね?」と聞いてみると

読書大好きそうな宿のお兄さん「う~ん 予約している人が午後2時までに現れなかったらキャンセル扱いになるから、2時まで待ってみる?」

 彼らは絶対に現れない

と ピンと感じたので 数時間、待ってみることに。

 見晴らしがとても良い宿、ぼんやり外を眺めているうちに 2時5分前、おっしゃ~!!とガッツポーズ。。。
と、ピンポーンとチャイムがなってバックパックかついだ女性2人組現る。

 あ~私の直感もこれまでか~。と がっくりきていたら

 宿のお兄さん 「2時だね。おめでとう、部屋、あるよ」とにっこり。

 
 ありがとう、お兄さん、ありがとう来なかった人たち。

 宿からの眺め こんなかんじ。
f0051485_14124087.jpg

 

 次回は なんでもうまいバリローチェ、をお送りします。

宿情報
Hostel 1004 Bariloche
1004 San Martin 127
Bariloche Center Building (Pagano’s Corner)
10 floor Apt 1004
Tel: 432228




  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-14 14:08 | アルゼンチン
フィッツロイ2日目。 ホビットと遭遇。

f0051485_1325273.jpg


 フィッツロイ2日目。

 早朝、フィッツロイを拝んで大満足の3人。
 朝ごはんを食べ、キャンプ場を離れました。

 そこで 相棒Kとはお別れ。 彼女は 翌日、他の友達と共にウシュアイヤに行く事にしたのでした。
 私とゆきちゃんは もう一泊キャンプをするので トレイルの途中でKを見送ったのでした。

 1ヵ月半、一緒にいてくれて、ありがとうKちゃん。 

彼女は メキシコで 私が化粧している姿を見て 「さっちゃん変わるね。。。」とつぶやき 「どういう意味・・・」とつっこんだら 焦りに焦った彼女、「違うよ 私が言いたいのは・・・・ さっちゃんは器用なんだよ! うん!」 とどんどん泥沼にはまってフォローしようがなくなった おちゃめな彼女です。

そんな様子をじっと見ていた友人Tは 「さちこ・・・お前、Kに嫌われてるのか?」と素朴な質問を私に投げかけてました。


 Kちゃん、またね。
 
 私とゆきちゃんは トーレ氷河という氷河が見渡せる 次なるキャンプ場に向けて出発です。 

f0051485_12524072.jpg


 ふんふんふ~ん お天気の良い中、フィッツロイを振り返りは見、振り返りは見、して歩きます。だって本当に美しいの。。

 が! そのとき 私たちの前に 小柄な欧米人男性2人が歩いていたの。 

 一目見て 私「!!!!」

 だって 2人でトレッキングしているのに  金髪カーリーヘアーでぽちゃりした男の子が 大量の荷物を背負い、細身黒髪の男の子が 手ぶらで トレイルを歩いていく。


 さちこ「ゆきちゃん・・・・ みてあの二人。。。   

 フロドと サムだよ。。。。」


 ご存知でしょうか 「ロードオブザリング」。小さなホビットが指輪を捨てる旅をするのよ。サムはフロドの家の庭師だから 親友なのに 「フロド様」と呼んで フロドの世話をするのね。

 まさに彼らは フロドとサム。  

 「おおおおお」とゆきちゃん。


 なんであの二人は あんなんだったんだろう。


 何を捨てる旅をしていたのかしら。。。


 今でも謎です。


 トーレ湖までの道はきれいで なだらか。おすすめです。

 


  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-08 12:53 | アルゼンチン
結構大胆 フィッツロイ。

 睡眠不足 泣きすぎ 風邪 月のアレやらで 目がしばしば体はでろでろ。 美しいロッキー山脈もこんな私には灰色。でもうだうだしててもしょうがないので、じゃあどうすればいいか、を考える事にしました。 新たにできた目標に向けてやる気が沸いて来た感じがします。

 見てるかK!! がんばるけんね!!!  

 はー 日本は遠いわ。。。。 国境のばかやろー! 


 ごほん。気を取り直して、
 まっさおのパタゴニアへ どこでもドアー!


 2007年4月2日。 アルゼンチン エルチャルテンとこの フィッツロイ

 フィッツロイは 激しい気流が頂きに衝突して空気塊の凝結が起こり、あたかも山頂が煙りを吐いているように見えることから先住民に 「煙を吐く山」 と呼ばれたそう。

 ほら、アウトドアーブランド「パタゴニア」のトレードマークの山が フィッツロイでございます。
 普段は その煙を吐く山に覆われて なかなか山がきれいにみえないそうです。とてもシャイな山なのです。


 「くされえん」とやなちゃんが命名した欧米人が 前日 日の出時間を話していたので その時間から逆算して起床しました。

 あれ、もう明るっぽい。。。。?

 「うわー 出遅れた!! 日の出早いじゃん! ほらふき欧米人め!」とやつあたりして トレイル開始。
 キャンプ場から 30分くらいひたすら登ると フィッツロイをどどーんと拝める場所にいけるのです。

 そこで 朝日を浴びたフィッツロイに涙、のはずが、
 やばいやばい 朝日がどんどんやってくる~~

 そしてみてコレ。
f0051485_1240857.jpgUFO雲が近づいてくる。。。

f0051485_12412010.jpgうい~ん

f0051485_1242580.jpg われわれわ~~
ね ね ね? どの雲かわかりますよね?

f0051485_12294172.jpg
 ちょこんってでてる角がフィッツロイ。

 さくさく駆け足のユキちゃん、私、Kの順で フィッツロイへと向かいます。
 トレッキング初めてのK。 必死な顔でひたすら追いつけと必死です。 弱音をはかない強い子です。
f0051485_13104222.jpg

 ちっちゃくみえるのKちゃんです。 UFOに拉致されそう。

 そして 着いた所が
 
f0051485_12352525.jpg

 フィッツロイです~!!!!   シャイじゃないよ もろみえですよ すっぽんぽん!! フィッツロイ!!加藤茶よりも大胆です!

 f0051485_12363717.jpg ばんざーい!!
 もう私たちのテンションはマックス。写真をとりまくる。ヨガのポーズ、大仏のポーズなどなど。あほあほです。

  
 そんななか、ゆきちゃんが 「ほら、これ」とくれたのは
f0051485_12482785.jpg
 ハート型の石でした。
 ハートの石をみつけてくれるなんて なんてロマンチック。。。 ポッ。 なわけないけど。


 変な形の雲が一杯で 目の前にはそびえるフィッツロイ。 仙人がいそうな場所。
 すっかり感動したKちゃん。

 Kちゃんは たまに 「私、いい事言っているだろ?」の顔で いいこと語る癖があります。そんなときは眉があがります。

 そのKが、山を眺めながら、「ゆきちゃん、私たちを連れてきてくれてありがとう こんなに美しい景色。。。」 と オレいい事言っているだろ顔で語り始め、「だから・・・・・ 本当にありがとね!!」と ユキちゃんのほうへKが振り向くと

 ゆきちゃんは 「ん?何かいった?」 とすぐそこの岩をよじ登っておりました。 

f0051485_12563131.jpg

 
 Kの語り、やぶれたり。 岩登りが趣味のゆきちゃんは 岩を見るとすぐ登る癖があるのでした。


 心清らかになる、とても素晴らしい場所です。 ぜひ、現世のうちにどうぞ。(ゴミは持ち帰りましょう。)







  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-06 13:04 | アルゼンチン
エルチャルテン キャンプの巻。

 ・・・・パタゴニアの写真は 青が多いなぁ。

 2007年4月1日。アルゼンチン カラファテ。

 ゆきちゃんが 私とKを キャンプに誘ってくれました。
 彼女は アウトドアーの達人、ロッククライミングが大好きな活発な女性です。
 キャンプも慣れているから 一緒に連れて行ってくれる とのこと。

 へなちょこお荷物2人をわざわざ連れてってくれるなんて なんて素敵な女性なのでせう。
 Kも私も大喜び、スーパーで食料を買い込み、氷河トレッキングの翌日に キャンプにGO!


 行った先は フィッツロイ。 アウトドアーな人々が夢見る場所。”白い妖精”とも言われる切り立った岩山が美しい山々です。

 カラファテ→エルチャルテンと言う町まで まずはバスで。 バスの乗客は エルチャルテンに泊まる人、キャンプする人それぞれです。

 途中バスを止めて休憩。 写真にはないけど、コンドルが飛んでいました。
f0051485_12255419.jpg



 そして これから向かう先が見える!!  見事です!
f0051485_1351375.jpg
 


 町に入りバスを降りる前に ツーリストインフォメーションの方から フィッツロイに入る際の注意事項、説明を受け、 マップ、そしてゴミ袋をもらいます。

 バスを降りるとすぐ、トレッキング開始! もう午後になっていたので 暗くなる前に急がねば!
 フィッツロイ峰が見える ロストレス湖近くのキャンプ場へと 4時間ひたすら歩くのでした。

フィッツロイトレイルについて詳しい地図はこちら

f0051485_13154135.jpg



 ゆきちゃんの指導の下 テントを建てて 晩御飯はリゾット。
 和気藹々と盛り上がる3人に 現われたのは 日本語を操る欧米人。

バスで一緒だったので 「あー どうも!」と挨拶し、色々話したのですが、なんせ この彼、常に上から目線。アルゼンチンの歴史を語り、世界を語る。いかに自分が素晴らしい旅をしているか語る。

 しゃべりまくるくせに オチがない。長いだけでつまらない。一方的。 せっかくうちらの母国語で話せてもこれじゃねぇ。
 
 そしてだめおしに テントについていちゃもんつけたもんだから どうしようもない。
 ふと 横を見ると ゆきちゃんがひきつっている。無口になる。それをみてあわあわするホビット2人。

 おーまいがっ! アウトドアーの達人に対して 余計なお世話である。

 会わなきゃ良かった。。。と思いつつ その夜は満月。丸々太った月を眺めてほっこり。
翌日は フィッツロイを拝みにいくので ぎゅうぎゅう詰めになって 2人用のテントに 体押し付けあって 眠りにつくのでした。


 この欧米人、私の中南米旅行にて 「最多再会数を誇る人物」になることは、私はまだ、知らない。。  うい奴よのぉ。自分。。。
 



  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-05 13:02 | アルゼンチン
マテマテマテ~~~!!

 今日は3つも日記書きました。 前のもさかのぼって読んでくださいね☆

 まだまだ寒気がしますが、闘っても勝てないので仲良くすることにしました。悪寒ってちょっとだけ感動に似てますね ぶるってくる感じが。 まるで恋をしているかのようにぽっぽしてます。

 さて、氷河を終えて カラファテの町。

 この町は カメラショップもあり(ちょっとしたものなら揃う)、お土産屋も多く、アウトドアーの店も立ち並んだちょっとしたおしゃれな町並みでした。 他の町に比べて物価が高い!と思った(ワインを除くね) 

 でもって風が強い!!!
 
f0051485_1373099.jpg


 
f0051485_1310620.jpg


 そうそう、そんな中 アイスクリーム!!! が うまい!! 2件ほどジェラードの店があって、美味。
なんでアルゼンチンで アイス? と思うけど アイスやスイーツなんです。ジェラードは7ペソ(ちょっと高い)


 そして 私、ここらあたりから マテ茶を飲み始めました。
 マテ茶とは 南米で飲まれるお茶でございます。

 欧米諸国ではコーヒー、紅茶と並んで世界三台飲料の1つに数えられている偉大なお茶なのであります。

 でもって マテ茶にはビタミン、ミネラル、カルシウムと言った栄養豊富なので だから「飲むサラダ」と言われております。ビタミンCも茶葉100gにあたり コーヒーや紅茶が0に対し マテは32mg入っています。 


 マテ茶はね、飲み方がおもしろいの。
 ヒョウタン製の容器に入れて ボンビーリャと呼ばれる金属製で先端が膨らみ、茶葉を漉しとるための無数の小穴が開いているストローで みんなで回し飲み、するのです。

 氷河の帰りのバスでも マテ茶が回ってきました。ポットにお湯をいれて マテセットを持参してきた地元のお兄ちゃん。 みんなで飲むとみんな笑顔。一体感が増します。 とても素敵な風習ですよね?


 さて、このマテ茶、写真展に来てくれた方に飲んでいただこうと思ってます! もち回し飲みです(ウソ)! 
 マテ茶、といっても フレーバーのついたものも用意してあるので抵抗なく飲めるのでは?と思います!!どうでしょう 皆さん?? 

f0051485_1313316.jpg


 みなさんに振舞うにあたって マテ茶について調べたところ、これがおもしろいの、「マテ茶には カフェインが含まれていませんが、 マテインが含まれています(はぁと)」

 マテイン??


 「マテインとは、カフェインに似たアルカノイドで、血管を拡張する作用により、血圧を下げたり、冷え性を治す効果があるとされております。また、マテインは利尿効果もありますので利尿薬として用いられております。マテインは中枢興奮作用も認められておりますが、カフェインのように眠気を妨げるような作用はなく、内臓にも負担をかけない弱いものです。」
 
 英語で調べたところ 「マテインは カフェインの科学的呼び名である」、とか。
  
 気になる方は 調べてみてください。

 コーヒーには カフェイン。 マテには マテイン。
 ぷぷぷ。。。。。。。  ゴレンジャー、サンバルカン、みたいなネーミングだ。 

 
 次回は 「エルチャルテンでキャンプ」です。


 
 


  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-04-03 13:12 | アルゼンチン
カラファテで 落ちるかくわれるか
 
 2007年3月末。

f0051485_4423227.jpg
宿の近くのお肉屋さん。そっくり親子。


 トランジットの間に 酔って盛り上がって バスを乗り過ごしたアホォな私たちは、予定よりも大幅に遅れも、カラファテにたどり着きました。(詳しくは前回の日記でね)

 バスターミナルに迎えに来てくれたのは 日本&韓国人宿「Fuji旅館」のオーナー。
素敵な笑顔の持ち主です。 コロンビアカップルも泊まってみたい!と言っていたんだけど 満室のため 彼らとはココでお別れ。

 やっぱり日本人宿は 最初緊張するなぁ、 カチコチ と 宿のみなさんに挨拶。



 ここからが運命の分かれ道。

 韓国人の奥さんいわく、 「空きベッドは、どれも2段ベッドの2段目。」
 見てみると 2段ベッドから落ちないようのフレームが、ない。ない。ない。

f0051485_4582417.jpg
 宿のみなさん

 ・・・・・・・ほわんほわん ほわ~ん


 ここでさかのぼるは 1ヶ月前メキシコ カンクン。
 カンクンの宿「ROSAS 7」で話していたこと。

 メキシコシティーの日本人宿で フレーム無しのベッドで寝ていた女の子が 2階からどずんと落ちて 下半身不随になったとか。。。。 オーナー初めみんな 「フレームないと怖いねぇ」。。。。

 そして これまたさかのぼる事 1年前、
 カナダ、ジャスパーのホステルに泊まっていた私、ふわっと宙に浮く感覚と どすん、と落ちた感覚にびっくりして目が覚めました。 そこは 床。 ・・・・落ちてました。ベッドから。
 2段ベッドの 1段からだったから この歳でやれやれ、とベッドに戻ったんだけど。。。。 
 
 私に 2段ベットは こえぇ。 落ちないかもしんないけど 万が一 ココで病院行きには なりたかね。  どーしたもんか、、、、と悩んでいたら

 奥さん 「テントが空いているよ?」

 そう、地下室にはテントがあって そこに泊まる事ができるのです。
翌日には 1段目のベッドが空くって言うし、値段も安いからそれでいっか、と テントに泊まる事に。


 お腹も一杯。 んふふ~とテントに入る。寝袋で寝るのも悪くないわぁ。

 が、翌朝は氷河トレッキングだってのに ちっとも眠れない。
 な~んか チクチクするんだよなぁ。
 な~んか かゆいんだよなぁ。。。。。


 ん~~~~~ 



 寝たんだかわからないまま 早朝5時過ぎ 朝食の準備に台所へ行くと

 体が 赤い。
 手やら足やら 赤いぷつぷつが。。。めっちゃ かゆい!!!

 お~の~!!! 
 ダニにやられてました。しかも 一杯。



 こんなにたくさんダニにくわれたのは 生まれて初めて。
 なんてこったい!!! 

 2段ベッドかダニか 落ちるかくわれるか。
 究極の選択や!!! 私はダニーを選んでしまったのかぁぁ

 
 愛しのダニー達と一夜を共にし、寝不足のまま 一日氷河トレッキングへと向かったのでした。
 
 ダニー まいらーぶ♪  しくしくしく。。。


  
  

 写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-03-21 04:28 | アルゼンチン
バスを待つ間の誘惑。

 カナダ、ジャスパー。 昨日は バーに、友達の演奏を見に行きました。

おもろかった! アーティストがこの小さな町にたくさんいるのかと驚いたし、他の演奏の人たちともおしゃべりしたり、友達の音楽に感銘したお客さんからお酒をおごってもらったり 新しい友達ができたり。ひさしぶりに わくわくしました。 ん~ 外に出るのはいいことです。

 さて 中南米日記の続き。

 2007年3月28日 プエルトマドリンから カラファテに向かいバスに乗りました。

一晩バスの中ですから、腰がつらくなる~ ひま~ とはいえ グレーハウンドや日本のバスと違って きれい、それに アルゼンチンのバスは 飲み物と ごはんがでます。 
 
f0051485_12495028.jpg

 サービス満点です。 妄想が膨らむ移動時間でふ。
  
 そんな長時間の移動で 翌朝 途中のトイレ休憩で 同じバスに 日本の女の子を発見!! 
 Kちゃんが話しかけ すっかり仲良くなった二人。 疲れていたのもあって私はそんな二人を眺めてました。
 
 彼女は ゆきちゃん。 アウトドアーが大好きな彼女。

 私が彼女と話すようになったのは バス乗り換え地点のリオ・ガジェゴスという町。
ここのバスターミナルで カラファテ行きのバスを4,5時間待っている間に すっかり打ち解けました。

 そして もう2人、同じくバスを待つ カップル。 コロンビア人の二人です。

f0051485_12481536.jpg


 英語を話すラテンな彼らと話していると なんだか話がもりあがってまいりました。
すると まったくもって明るい彼が 「ねね ワイン飲まない??」 と ワインボトルを抱えてます。

 いったいどこから持ってきたんや、と思いつつ 一口、また一口。。。。
みんながどんどん饒舌になり しまいにゃ 写真撮影だ、なんだと大盛り上がり わっはっは!!

 「ねぇ・・・ にしても。。。 バス来ないね。。。」 と私がつぶやいたのは バス到着時刻を過ぎた頃。

 はっと正気に戻った5人・・・・・・ バスはもう出てました。

 
 バスターミナルの待合場で 4,5時間バス待ってたあげくに 酔っ払って乗り過ごした 日本人3人とコロンビア人2人。

 
 バカと呼ばれても反論できないわぁ。 でもこれだから旅はおもしろいのです。
 だって 時間を忘れるほど、楽しいって 素敵な事でしょ?
 
 そんなこんなで なんとなく 絆が深まった気がした 5人でした。 

 てへ。


 次回は カラファテで 「落ちるかくわれるか」です。
 





  写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-03-20 12:52 | アルゼンチン
ブエノス 最後の最後まで。

 穴が開いているコップに 砂を埋めようとしているような1週間でした。
 もっと 強くならなくちゃ。
 
f0051485_11411570.jpg
 (ブエノスのデモの様子)

 さて、中南米日記 2007年3月末、アルゼンチン ブエノスアイレス。

 日本人宿、日本旅館で 「神」に出会いました。

 相棒Kが部屋から出てきません。どうやら同じ部屋の誰かに一生懸命話しています。止めていたダムが崩れたように一気に話しまくるK。 普段のキャラと違って以外です。

 と、その後、私も その方に出会い ダム崩壊。 狂ったように話しまくりました。

 そのお相手は Mさん。 長身でめがねの男性です。
「あっちこっちぐるっとみてきたんだけどね、コスタリカで亀の出産を見たくって 亀の時期待ちなの。 それまでは 数ヶ月ここに沈没だよ。」

 とてもやわらかい物腰で とっても聞き上手。笑顔が素敵。
近頃、南米の洗礼で 実はすっかり心が病んでいた私たち。 Mさんは そんな心のつっかえ棒を外してくれたのでした。

f0051485_11482284.jpg
(この方も素晴らしい人でした メキシコシティで出会った日本人プロレスラー大和さんの背中 プロレスのシャツってかわいいですね)

 彼からは後光が見えた。 癒されました。 すごい人、です。

 「地球の歩き方、あげるから、めげずに旅を続けてね」 とMさん。
 私もKも感激。 

 Mさんに元気をもらい、笑顔で 旅館を後にしたのでした。

 そして バスターミナル。 行き先は パタゴニア。 ブエノスはもうええねん。
 チケットも買い、後はバスに乗り込むだけ。。。 
 にぎやかなターミナル。 荷物を厳重に見張り、気を張り詰める。

 バス到着。  「どうも相性が合わなかったブエノスともこれでお別れ。やれやれ」と思いつつ、乗り込もうとすると ちょっと後ろで並んでいたKが 大声で

 「さっちゃん! かばんのチャック開けられてる!」

 「!!」と後ろを見ると ダッと左右に逃げる2人。 慌てて追いかける私。ゴミ箱に思い切りぶつかりわき腹負傷。

 結局見失った。。。。


 K曰く、カップルが私の後ろにさりげなく並び、私のボストンバックが視界から外れたところで 片方がチャックを開けたそうです。2人ってのが賢いね。

 
 すっかり動揺しふるえてる自分。
 
 とりあえずバスの席に座り かばんをあける。
 なぜか その時に限ってバックに パスポートもお金も入れてた気がする。。

 
 カメラも パスポートも、ある。


 あれ、、、、 腰をごそごそ。 いつも腰に巻いてる秘密ポケット。。。。
 腹巻みたいのについてるポケットに現金隠してあるやつ。。。


 ない!!!   おまいがっ!!!!! 

 「かばんの中身は大丈夫だったけど、秘密ポケットがない~ とられた~ 現金一杯入ってたのに~ いつの間にか知らんが さっきのカップルにとられた~ あ~ もういやや~ 南米なんていやや 周りみんな泥棒や もう日本に帰るぅ~~~」    もう半べそ。 やけ。 パニック。

 K「腰のベルトまでとる時間なかったと思うよ。もっかいみてみなよ」

 「いややいやや おらにっぽんに帰る」 とわいわい騒いで 腰の辺りを触る。

 ・・・・普段巻いてある腰のサポーターの奥に なんかある。
 「あ、、、、秘密ベルト あった。。。。」

 <さっちゃん。。。。>
 と 白い目で見るK。 ごめんねKちゃん。 こんな私と旅してくれてあんがとね。

 結局ブエノス、最後の最後まで こんなんだった。

 Kが「さっちゃんの髪留めがピカピカしているから 目立ってだめなんじゃないか」とわけわかんないことを言うくらい ついてなかった。
 
 まぁある意味 気が引き締まりました その後しばらく異様に気をつけまくって疲れたけど。
 でも!! たまたまこの時期重なっただけで 南米はいいところですよ! これから楽しい話が一杯なので ご安心くださいね☆


 次回は 「ペンギンたちに 囲まれる」 編 です。 たぶん。。
 


 
 



 写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  富士フィルム札幌
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 富士フィルム仙台
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2009-02-08 11:43 | アルゼンチン