道場 幸子 ただいまカナダであります! 
by sachikaru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
プロフィール
↑カメラ・ライフ Vol,4に載ってます。

道場 幸子(どうば さちこ)
北海道小樽市生まれ。
ただいまカナダ在住。
「亡くなった母にきれいな景色を見てもらいたい」と旅と写真を始める。
世界22カ国行ってみたが、あぁまだまだ世界は広い。

2009年夏、富士フィルムフォトサロン札幌・仙台にて初の写真展「つながる手と手~ぱしゃり中南米」を開催。

ポストカード、フォトブック、写真数量限定販売中です。気になる方は メールください!
販売について


☆メールはこちらへ
sachikaru㈱keroro.keroro
.com ㈱を@に変えてくださいね


■リンク
パラダイスさん
大沢カメラさん
堀田先生
kojiさん!! オーロラ写真!
男の為の「花とブーツ」
明日香さん
桐ちゃん
HiGra編集長様
ケセラ セラ
青い瞳に魅せられて
■世界で起こっていること
サパティスタ民族解放軍
ジンバブエの高橋朋子さん
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:メキシコ( 15 )

メキシコから グアテマラへ。必死の席取りゲーム。
f0051485_12435880.jpg

  
 なんでかかんでか 多忙でした。 海外に引っ越して数ヶ月すると色々なお友達ができるので 多忙になるのは毎度のことです。 が! 「夏だから 写真撮らないと~♪」といい訳つけて遊びまくった季節も終わり あんれま道路には霜が。。。。もうへりくつは通用しません。 

 天気の良いお休みも、気を引き締めて誘惑にも負けず 部屋にこもって写真展の準備でふ。 ぶふ。。。 お外に遊びに行きたいの。。。

f0051485_12443131.jpg


 さて、中南米日記(ほんとうはこれ、中南米ブログなのよ 奥さん!) 

 2007年 3月18日。

 メキシコ 激寒サンクリストバルから 国境を越えて ガテマラへと バスで移動しました。

 マズ最初に 教訓1!  バスは 早めに乗り込もう! 

 相棒Kと荷物をかついで 集合場所の公園へ。 が、集合場所にやってきたバンには もうぎっしり人が。(みんなのホテルまで迎えに行ったとおもわれる。)ちゃんとした座席がないので 私たちだけ備え付けの簡易イスに座ったんだけど

 これが、 しんどい。

 前の人(K)との間は ほんのちょっと。 まるで余裕がないので ひざがKの席に食い込む感じで痛い。 あまりに不快なので体を動かすと 振動に不快を感じたKが「なんやねん」とばかり後ろを向く。 隣は 水色と白のボーダーの太っちょ兄ちゃん。彼のはみ出たスペースが私におおいかぶさる。。。 後ろのねーちゃんのブロンド髪が 風になびいて メトロノームのような小粋な感覚で私の後頭部に ばさっばさっ。

 おまいがっ これで 8時間ちょっとの移動はつらいっ

 そんなこんなで 国境。 ここでバンも ガテマラのバンにバトンタッチするので 荷物をいったん外に出して 国境越えの申請をするんだけど

 隣にすわっていたアメリカからお越しのふとっちょお兄さんに 「荷物不安だから ちょっとみていて。僕の申請が終ったら 荷物見張るから」の言葉に

 「いいよぉ」と答え みんなの荷物を見張っていたんだけど

 見知らぬ乗客たちは バーゲンに挑むおばはんみたいな勢いで 我先にと申請を済ませ、さっさと ガテマラ用のバンに乗り込み

 結局 私とKのみ またもや 簡易イス。 苦痛な顔ですわる私たちと ゆったりと景色堪能のみなさん。

 くっそー やられた。。。 なんていい人で馬鹿なの あたいたち。。。 
 
 教訓2 国境では 我先に。 

f0051485_12475261.jpg


 またもや 不自然な姿勢での移動にくたびれていると 5,6人途中の町で降りていったので 途中休憩の時間に よやっと普通の座席に移動して Kと「ふぅ。。。」と安堵のため息していたら

 ヨーロッパからお越しのお姉さん達 「そこは他の人が座っていたから 元の席に戻るべきだ」と言ってくる。

 「いやいや いままで狭い簡易イスに座っていたら本当にしんどくて 何人か途中で降りたから 席は空いているから 移ったの」と 英語で言ったら

 「他の人の席だから どーのこーの」と また同じ姉ちゃんたち。

 あーあ 何て答えようかしら、と思っていたら


 普段温和で 語学が苦手なKが 一言 日本語で

 「もういいよ! ここでいいの! そんなの知らない!」 と ぷいっ!!


 おお、、Kちゃん。あなたは強い。 
 日本語、強し。 K 美し。

 その後 バス移動を1時間ちょっとだけど満喫して やっとこさ ガテマラは パナハッチェルに到着したのでした。


 教訓3  話の通じない相手には 思い切って日本語で。 笑 

 
 次回は やっとこさ ガテマラ パナハッチェルです。

 
 写真個展 の日程。

 道場 幸子(どうば さちこ)写真展
 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2008-10-27 12:47 | メキシコ
メキシコ サンクリストバル 運命の出会い
f0051485_2504336.jpg


 カナダのジャスパーは あっちこっち 鹿がいます。

 昨夜は 私が車道を自転車で走っていたら なんか歩道に大きな人がいるなーと思っていたら 巨大な鹿でした。 すぐ脇を通り過ぎましたが むっさむっさと草をはむはむ。

 そうだった ここは 人より 鹿の方がおおいんでした。 鹿天国。ロッキー。


 さてさて、メキシコサンミゲ、あ、また本気で間違えました サンクリストバル。

 濃い体験をした2度目の訪問にくらべたら、1度目の2007年3月は 2泊しただけだし さらっとした観光みたいなもんですけど


 1度目の訪問で 私は 私は ショッキングな出会いをしたんです!!


 それが 彼ら!

f0051485_240348.jpg


 くぅ~ かわゆぃねぇ。。。。


 お店には 6歳くらいの女の子が2人おしゃべりしていて お店番かなーっと思ったら

 ぶっとい針を片手に ぬいぐるみを作ってました。

 しかも 目線は・・・ 手元じゃない。

 ぶっすーぶすーっと 針を厚い生地に刺しながら お互いの顔を見て おしゃべり


 かなりの達人と見た。 ・・・やるね。 

 子供が作っているからか 発想がすごい。どれもサイケデリック。

 私が買ったのは 
 紺色の猿で どピンクのたてがみがついているのと、
 翼のついたねずみ


 どれもかわいいなーと眺めていたら

 「これはどう?」 と 小さなぬいぐるみ師が さしだしたのは

 何、と定義しがたい、みどりのかいじゅうのような 動物のような 何か。しかもでかい。
 たぶん彼女の お気に入りなんだろう。

 うーん 大きいすぎるねぇ、といったら 残念そうにしていました。 


 あー 買って置きゃよかった あの謎の動物。

 
f0051485_241774.jpg

 その日の午後は 公園のちびっ子たちと わいわい遊びました。
みんな本当にかわゆぃ。。。。

 サンクリはメキシコで一番好き。

 トルティーヤのソースがメキシコでもこんなのあるかいなってくらい辛くて 鼻水たらしながら涙し、

 カフェで働いているおじさまが あまりに素敵で 「うひょひょ」と笑ってしまい 相棒に白い目で見られ、とにもかくにも めっちゃ寒いけど 魅力的で不思議な力のある街でした。


 カフェのおじさまの 「また戻ってきてね」 の一言で おじさまとの素敵なメキシコ生活を一瞬にして妄想し(毎朝おじさまがコーヒーを入れてくれるの 本の話とかして二人で微笑むの・・・) 絶対戻ってこようと決意した 現金な私でした。 

f0051485_2432428.jpg


 サンクリを発つ朝、「本当にいい街だったね サンミゲル。」 としみじみつぶやき


 「さっちゃん。。。。。最後までちゃんと言えなかったね。サンクリストバル」と 相棒をやるせない気持ちにさせつつ

 バスで 国境を渡り ガテマラへと向かったのでした。 
  次は ガテマラ パナハッチェル です。
 



 写真個展 の日程。

 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日

 
[PR]

by sachikaru | 2008-09-16 02:52 | メキシコ
なぜかいえない サンクリストバル
  
 2007年 3月。

 メキシコ  パレンケから 今度は サンクリです。

f0051485_17201750.jpg


 サンクリ、正式には 「サンクリストバル デ ラスカサス」。長い。。。一度でいえたあなたはすごい。

 カンクンやパレンケは常夏、そして サンクリは めっちゃ寒かった。。。
 オキナワから バスに数時間乗ったら いきなり北海道だったってイメージを描いてみてください。そんな感じです。 

 南下してガテマラとの国境近くチアパス州です。
 チアパスは 最も貧しい州だそう。
  
 メキシコの中でも 先住民族の方が多い、それは貧しいことにつながるのでしょう。

 でも 青い空に 民族市場、コロニアルな建物。。。。

 直感的に この町は いい。 空気がいい。 空まで突き抜けそうな真直ぐな力がある。
 メキシコの中でも ここはなんだか特別。 
 

 結局この町は2度訪れることになり、2度目は メキシコのゲリラ組織に会いに行くことになるんですが、それはまた今度。。。

 
f0051485_17232559.jpg


 私はここに来る前から なぜか この町の名前を勘違いして 「サンミゲル」と呼んでいて

 パレンケから サンクリへの バスチケットを買いに行ったときも 相棒Kちゃんは 私が「サンミゲルまで2枚」と言いはなつのではないかと ハラハラしていたそうです。大好きな町なのに どうして覚えられないのでせう。


 そんなサンミゲ、いえサンクリについてすぐ バスターミナルで 英語が流暢なお兄さんが現れ、宿の勧誘をされ、宿までタクシー代を出してくれるといったので 疲れきった私たちは タクシーに乗って宿へ行ってみたものの

 一人ずつベットをもらえるはずが 女二人で一つのベッドに寝るハメになり、壁はベニヤのように薄く 寒く、夜は 水道を止められるため トイレも流せず、


 どうよこれ? な宿に泊まることになるのでした。  あはは

 同じく この町の勧誘で みんなちゃんとした宿に着いているんだけどなぁ。。。
 
 
 次回は  この町にて 運命的な出会い 編 です。
 

 



  写真個展 の日程。

 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月24日~29日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
 
[PR]

by sachikaru | 2008-09-04 17:24 | メキシコ
パレンケでマリリン。
  久しぶりの休み。 
 明日こそはハイキングでもするぞと誓ってみる。 せっかくきれいなところにいるのに なかなか遊びにいけないの。。。。

 さて! しばらく 中南米日記を書いていなかったので 気を引き締めてまた再開ですっ
ロッキー山脈と大空を目の前にして グローバルな日記が書ける・・・のか?


 メリダから バスでパレンケへ。 パレンケは メリダとサンクリストバルの真ん中らへんにあります。 友達曰く メリダからサンクリストバルへ行くなら 2等バスなど安いバスで移動場合 メリダからいったんパレンケまで行って 乗り換えた方が 安い、とのこと。

 パレンケは 何があるって 遺跡じゃよ。 いせき。

 「時空のサーファー」などの本にも書かれているので スプリチュアル系の方にも人気のあるこの遺跡。 

 というのも「マヤの人たちは宇宙人」と証明するような 不思議な絵が 一枚の岩をくりぬいた石棺に描かれているんでふ。

 不思議ですねー インディジョーンズ3でもスポットをあびたマヤ文明 本当はどうなんでしょねー インディ3は最後が残念だったですねー
 と わくわくして 行ってみたら


 パレンケ村は 暑い!!! うんがーと叫びたくなる位暑いっ

 
f0051485_831582.jpg

 
 そして・・・・ 一般ツーリストは この石棺が見られない~~~♪ ららら ざ~んねん~ 一般庶民 残念!

 町から 遺跡行きの バンがでているので 「ルーイン!! ルーイン!」と叫んでいるバンがあったら 値段をきいて乗って見ましょう。

 運賃以外に 遺跡への入り口(そこからもバスで結構移動する)でもお金を払いました。

 遺跡は蚊が多く ツーリストも多い。ちょっと個人的には ピンと感じるものがなかったけど がいこつの模様の遺跡もあり、一見の価値はあると思います。
f0051485_8245828.jpg

 

 というか 遺跡よりも何よりも 印象に残ったのは 
 
 宿。

 一見普通の宿なんだけど 最上階が安い、という。
 安さにつられて そこに決め

 荷物を持って登っていくと・・・・・

 屋上に屋根が付いているだけじゃん。

f0051485_2464111.jpg


 窓の部分に窓がなく吹き抜けている。 8つくらいベッドがどんとあるだけ。

 そこに カーラーをがんがん巻いた化粧の濃いブロンドのおばはんが 一人。

マリリンモンローのものまねで笑いをとるタレントみたいな風貌のおばはん、
「夜は暑くないし 蚊も案外いないわよ。」と いいつつ 無駄毛の処理。

 一応 蚊がこないように 窓がない側のベッドを選んでみると、鉢植えのようなものが枕元に
ぶらさがってる。

 「それね、鳥かごなの。毎朝 小鳥が遊びに来るのよ♪ うふふ♪」とおばはん。
 それは大変メルヘンチックだけど 寝ている間に小鳥のふんがジャストミート!だけは避けたい。

 ので お隣の 鳥かごが頭上にないところで寝る。
 意外と寝心地もよく、翌朝 お隣のベッドで かわいい小鳥たちがピーチクしてました。

 
 マリリンおばはんは 一人であちこちメキシコを旅しているそうで、その後 サンクリストバルの
おっされーなカフェテラスで 水色のサブリナパンツにサングラスで 一人優雅にお茶している姿を見ました。

 セレブなんだか なんなんだか さっぱりわからんマダムでした。


 次は ガテマラ近くまで降りてきて サンミゲ・・・いえ サンクリストバル、です。


  写真個展 の日程。

 「つながる手と手 ~ ぱしゃり中南米」

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月10日~15日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日
[PR]

by sachikaru | 2008-08-13 10:57 | メキシコ
OH dios mio!!

 近頃、ブログランキングに登録しましたの。
 そそそしたら 放浪の旅ブログランキングで なんと
 10位ですの!  むっきゃー!! 

 まぁ、「放浪の旅」 たぶん登録者が少ないんでしょうね。
それでも なんだか くふふ~ がんばって日記書いちゃう。


 こないだの続き、メキシコ メリダ ブッシュ訪問。
 普段おだやかな公園が 夜行ってみたら あんれま ブッシュ君反対デモの真っ最中。

f0051485_1115111.jpg


 プラカードや旗をかかげ 大声で叫ぶ人たち。 なんか燃やしたりもしている。


 「あんれ・・・」 よーくみたら デモをしている大勢の人たちにまぎれ 売り子の兄ちゃんが食べ物売ってる。 すっごい 商売根性。 デモに休憩はないんでたぶん飛ぶように売れるんだろなぁ。
日本では見られない光景。  そう、ここは メヒコ。

 
 そんなブッシュ君もいなくなり、ようやっと ウシュマル遺跡が一般開放されました。
 いくつか ほかに行きたい遺跡があったので ホステルのツアーに参加したの。

 ウシュマルは 大好きな遺跡。 マヤ遺跡の中でも なんでかわからないけど あの場所はいい。 果てしなく空へ続く力がある気がする。空気が、違うの。
f0051485_11292073.jpg


 ツアーの中で オーストラリア人カップルと イギリス人の兄ちゃんと友達になり、彼らと行動を共にするが イギリス人が遺跡入り口で迷子。 なんで迷子になるねん。

 その兄ちゃんはさっさと放っておいて みんなメキシコ人おっさんガイドの説明を聞く。
スペイン語なまりの英語、慣れるとあのリズムがおもしろい。

 私はいつもトロいけど ガイドさんがいるときは その方の隣につくことにしているの。
そうすると、ちょっとした小ネタが きけるから。


 ようやっとどっかから戻ってきたイギリス人に 皆心広い笑顔を向けた後、 奥へとつながる小道を歩いていると ガイドさんがぽそっと言った。

 「この道、ブッシュロードって言うの。先日ブッシュが来たときに この道をつくったの」  
 
 ・・・・古代からの神聖なる遺跡内に 道を造らせる男 ブッシュ。

 
 あんたは ある意味すげー。

f0051485_1125399.jpg



 「レッドカーペットは敷いてた?」と冗談をいうと おっさんガイドは笑ってました。


 タイトル oh Dio mio は おーまいがっ!のスペイン語版。
アメリカの暴れん坊に向かって 叫びたくなるよ これ。。。
 
 


 私の写真個展 の日程。

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月10日~15日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日

 お世話になっているカメラ屋さん
 Paradise(札幌) http://www.paracam.jp/

 http://blog.with2.net/link.php?662509
[PR]

by sachikaru | 2008-07-07 11:21 | メキシコ
メリダから 愛の叫び
 
 タダ宿のお陰で余裕をもって メリダの町を ぶーらぶら。
 しかし、なんだか町が騒がしい。

 というのも、この町にブッシュが 来ている、とのこと。

 友達になった日本人学生は 嘆く。

「ブッシュのお陰でオレのスケジュールは ぐたぐただ。楽しみにしていたウシュマル遺跡、今、ブッシュが貸切見学してるから 立ち入り禁止。 明日なら入れるよといわれたけど、
オレはきっちきちのスケジュールでまわってて それでも予定を延期してここに来ているからこれ以上 延ばすわけにいかねーよ。 ちくしょう、ブッシュめ。。。」

 町には 抗議する男性が 看板を掲げて訴えている。
 何かありそうな予感。。。


 まぁまぁ 遺跡博物館にでも行こうか、と Kちゃんと てくてく。
博物館後、まっすぐ北へ向かう一本道を ずーっと歩いていたら

 なぜか警備員がワラワラいる一帯が。

 中が見えないように外壁が取り囲んでいるけど アメリカ大使館、みたい。

 ふと脇を見ると、その外壁を 数人のお兄ちゃん達が ペンキで絵を描いている。
どれも、平和を訴える言葉や絵。  

 「へぇ。。。」
f0051485_21413412.jpg


 

 すると お兄ちゃんが にっこりと近づいてきて
白ペンキでごってりしたブラシをくれた。


 にこっと笑い返し、筆を走らした。

 振り返って 周りのお兄ちゃん達ににこっ みんなも にこっ。
f0051485_21401322.jpg


 

 ブッシュ氏は目を通したんだろうか、今はもう拭き取られてしまったのだろうか。
 

 みんなの想いは どこに届いたんだろう。


 ブッシュな話はまだ続く。


 おまけに メリダのあちこちにあった いす。 ラブラブやね~


f0051485_21395388.jpg


 私の写真個展 の日程。

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月10日~15日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日

 お世話になっているカメラ屋さん
 Paradise(札幌) http://www.paracam.jp/
[PR]

by sachikaru | 2008-07-03 21:42 | メキシコ
メキシコ メリダでアルバイト
 
 やる気を出して 旅日記続き 「メキシコ メリダでアルバイト編」(旅慣れしてないから この頃は やってることも なんだかかるーい よ)

 カンクンから バスで4時間 メリダへ。


 この町は こじゃれてる!! 公園もお店もなんだかおっされ~
ストリート名の表示看板も素敵 
f0051485_16592419.jpg


 カンクンとは違って 民族色がでてきたなーって感じも。

 で 泊まったのが メリダホステル。 まんまですね。

 実は 結構日本人が多く利用するところみたい。

 ドミには 2階だてのベッド、そして ハンモックもあり ぶーらぶら。
(実は この9ヵ月後くらいに メリダに戻ってくるんだけど そのときの宿がすごかった。それについては また今度) 

 受付は英語が通じるし 素敵じゃーん? と思っていたら

 宿主らしい、かっぷくのいいおっさんが 「君、英語話せる?」ときいてきた
 「話せるよー」と 言ったら  にかっ!と笑って

 「じゃ、バイトしない?」

f0051485_17124759.jpg
 

 ようは、メリダホステルに泊まった方への 注意書きやオススメスポットなど 色々な国の言葉で作りたいんので 日本語版を作ってほしい、とのこと。

 私よりも先に 日本人の方達が泊まっているのに どうして私が選ばれたのか、さっぱり。

 「報酬は ここの宿代! 1週間タダでどう?」

 紙切れ2枚の和訳。 簡単だし、これは いい話。

 私「いいねー あ、でも私 相棒がいるよ。 二人ともタダにしてくれる?」

 おっさん「二人か! うーん・・・・・・ したら 3泊ずつでどや?」


 メリダに長時間いる予定でもなかったので 和訳を二人でして3泊延長で 交渉成立。

 相棒Kちゃん、タダ泊で よろこぶのもつかの間、じゃんけんで負けて めんどくさい方の和訳をする事になり、落ち込む。 ・・・・あなた、カナダで働いていたでしょが!!

 さて、おっさんからお駄賃もらって ネットカフェに 和訳をタイプしにいく。


 が、しかし、この町の大きな落とし穴。。。

 おっされ~な町なのに、
 日本語タイプ可能の インターネットカフェがない!!

 ばんざーい!! ポーツマス ポーツマス!


 結局は 同じ宿の日本人から PCを借りて 書類を作り CD-Rに焼いておっさんに渡した。 なぜかプリンターとつながらず、印刷はできなかった。。。

 「いつか 日本語が見られるようになったら 印刷するよ~ ありがとね」
 と おっさんのんきだね。

 サカテカスのトマトPR和訳 アナウンスに続いて 2つ目のお仕事でした。


 あれから、どうなったんだろ。 あの和訳。。。。

 メリダホステルに 今年行った方 ご一報ください。 



 あと、友人からのメール から。

 スーダンのダルフール地方で、大量虐殺と民族浄化が進行中です。5年間で20~30万のひとびとが虐殺され、200万人が家を失っています。
スピルバーグ監督は、中国政府がスーダン政府を軍事的・経済的に援助している事を理由に、北京オリンピックのアーティスティック・アドバイザーを降板しました。以下はサミットへ向けたダルフール救援の為の緊急署名のお願いです。平和の為に5分間だけ力を貸してください。可能な方はこの文章を日記に転載してください。お願いします。
______________________

ヒューマン・ライツ・ファーストを中心に各G8国首脳に送った声明に基づいた、緊急署名を6月26日から各国一斉に始めます。30日までの予定です。

すでに署名できるようになっておりますので、下記の趣旨に賛同される方はジャパニーズ・フォーダルフールの次の署名フォームにアクセスして署名してください。署名は日本政府(内閣)に持参します。
http://japanesefordarfur.org/modules/formmail/index.php?id_form=6


 あいとへいわ。




 私の写真個展 の日程。

 ①札幌  http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 札幌
 Date:2009 7月10日~15日

 ②仙台 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html
 Place:富士フイルムフォトサロン 仙台
 Date:2009 8月6日~11日

 お世話になっているカメラ屋さん
 Paradise(札幌) http://www.paracam.jp/

[PR]

by sachikaru | 2008-06-27 17:47 | メキシコ
カンクン ペソ得話。

 毎日 莫大な旅の写真を整理しています (今はペルー)。あのときの賑わい、ドキドキ、色々なものがフラッシュバック。 「きたぁぁぁ」と 気分は 織田裕二のモノマネの人。
 ふぅ。旅って やめられない。。。

 さて、カンクン。

 ビーチでは 泳げない私は 浮かぶのみ。 ぷかぷか。
 その日波は結構強かった。

 同じくかなづちの相棒が浜辺で読書していたら 急に 海で浮いていた私が消えた。 
相棒が「あれ、さっちゃん・・・・?」とみなれた姿を探したら 波がまるで 「ペッ!!」と まずいものを吐き出すように 浜辺にゴロンとうつぶせの私が打ち上げられた。 大波恐るべし。やさしくして・・・・。

 さて、カンクンからは トゥルム遺跡に行くことができます。
f0051485_2318519.jpg

 期待はずれ~!という人もいますが、昔の人が一生懸命作ったものを とやかく言ってはいけない。  私は 結局 旅の終盤と 2回行った。

 トゥルムは 学生証を持っているとタダで入られるので 持参しましょう。
 イグアナごろごろいるし、暖かければ 海で泳げます。

 遺跡は小さい。スケールだけを求めるなら ほかへどうぞ。 
 トゥルム行きは ADOなどのでかくて高いバス以外にも バンもある。
 帰りは バンが バス停辺りに留ってないか 探してみましょう。

f0051485_23202768.jpg

 あと、カンクンで 米ドルいっぱい持ってて メキシコペソに両替したい方へ 朗報。
一番レートがいいところは、銀行ではなく、 スーパーマーケット。

 ウォルマートもできるけど カンクンで 一番いいのは Rosas7から徒歩8分くらいのスーパー。 名前は オーナーに聞いてください。
 そこで 2,3品買う。 で 20ドル紙幣を出す。

 すると おつりを 高いレートで メキシコペソにして返してくれます。
 買い物できて ペソもゲット。 ここが食料品も安いし、おすすめ。

 旅の終わりごろ ごっそり米ドル持っていた私は 一度も両替所にいくことなく、このやりかたで ペソを手にしていました。

 シティでは ウォルマートで米ドルを ペソにしてくれるので やってみましょう。
 

 あら、今回は いいこと書いちゃった?


 次回は メリダで アルバイト編、です。
 
 
[PR]

by sachikaru | 2008-05-16 23:21 | メキシコ
メキシコ カンクン初めて物語
僕を乗せた列車は トンネルの中へ。

 すると びっくり。 乗客みんなが くまや しか、きつね、色々な動物になっていた。
 そうか、動物たちが 変身して 列車に乗っていたんだー。
                              (小さいころ読んだ 絵本から)
 
f0051485_1182734.jpg

 カンクンは あたたかい。  サンクリストバルが 北海道だとしたら カンクンは沖縄。
 めんそーれっ

 物価高いが だーらだらできる。カンクン自体、観光ポイントはあんまないし、むしろ節約できるかも。

 そのだーらだらの拠点としておすすめなのが Rosas7。

 メキシコでも 日本人宿 ベスト1(と私は思う) な きれいさ、快適さ。
 朝ごはんついて、シャワーもホット。バスターミナルから徒歩3分の立地のよさ。
 一泊8ドル(値上げしたかも) で 旅で疲れたからだが だらんだらんになります 自炊もできるし スーパーもすぐ。 あ、ちょっと歩くと 安いスーパーがあるんよ。 それは また今度。

 あと オーナーが マギー司郎。

 あらっ 一応グーグルで宿のことを調べたら ほかの方も 「マギー司郎似のオーナー」と書いてある。 私だけじゃなかったのね 彼を マギーと 心で呼んでいたのは。。ふふふ。

 まぁ とにかく ちょべりぐなわけです(古)。
f0051485_119428.jpg

 

 さて、初めて物語2。 


 鶏肉痛の相棒が回復したので 彼女を連れて ホテルエリアへ。
 
 ホテルエリア行き1番のバスに乗る。
 が、びっくりするほど ぎゅーぎゅー。 いっつもこんなに混んでるん?
 
 座席はもちろん埋まっているので 立つ。 相棒は 人ごみの中に ちょこっと見える。
やれやれ・・・・ と 思っていたら  私の前で座っていた人が 降りたそうにもじもじ。

 「やったー はよ降りれー」 と 思っていたら


 あれ? 肩からかけていたカメラ搭載かばんのチャックが 目の前で 自動で開いていく。

 スルスルスル。。。。 おっさんの手が にょろり。

 数秒ぼーんやりしてから はっ! と 気づいた。


 スリや!

 運悪く かばんの中には カメラの上になんや知らんけど 宿に置き忘れたパスポートが どどーん。 やばしっ!


 「ふんがっ!!!!」

 と かばんを 胸に寄せ、 空いた席に マッハで座る。
 なんかやばい! キリのよいところで降りるぞ!
 
 
 しばらくして相棒に 「次で降りるよ!」と叫ぶ。  遠くで 「はーい」と返事。

 かばんを抱きかかえて 降りると、 髪を振り乱した彼女、
 「見た? 見た?」 と 言う。

 
 「きいてよ こっちは スリにあいかけたよ!」と 言うと  
 相棒「え? 私も!!」



 話をきくと、私に失敗したスリは 相棒に狙いを定めたらしい。
 人混みをかきわけて 彼女に近づき、 降りるときに 「こっちから降りるといいよ。」と親切面しながら なんとか かばんを開けようとしたそうだ。


 「いや!やめろ」と言っても 笑顔でいい人の振りしながら 何度もかばんを開けようとしたらしい。 


  ・・・・・よくわからんが、 あほなスリだ。
 私にとっても相棒にとっても 中南米初めてのスリ事件(未遂)。


 初めてあったスリは、まだまだ 練習中だった。
 奴が 玄人でなくて よかった。。。 


 いい教訓になった。


 その後何度か 同じ1番のバスに乗ったけど あんなに混んだのなかった。
 みんなグルだったのか?  スリバスだったのか?

 
  ・・・・・・どうせなら みんな熊さんがいいよ

[PR]

by sachikaru | 2008-05-13 20:37 | メキシコ
カンクン はじめて物語

 ばたばたと メキシコシティを後にして 向かったのは カンクン。
 リゾートエリアですね~。ビーチですね~。
f0051485_338023.jpg


 が! メキシコは バスでの移動費が高ぇ~(ほかの中南米にくらべ、さすがアメリカ隣)。
 というか でけ~ オラ メヒコ!
 
 メキシコシティから カンクンまで まる一日かかって お値段も一万円くらい。

 いや~ 後でわかったんですけど、この間 飛行機にのっても 数千円しか変わらないんですよ。  旅の最後ら辺に乗りましたけど 快適だし 早いし、絶対飛行機オススメ!!

 今まで3人で旅をしていた私たち、シティで 相棒の一人(男)と別れ、 この後は 私と もひとり。

 私について来た彼女は 「一人になったときが 私の旅が終わるとき」と 宣言する。
 スペイン語も 英語も苦手。 (あ、おにぎり握るのは 神、だった。)
 マイペースな私の行動にも じっとこらえる 絶対に敵を作らない人の良さのある、かわいい女性。
 
 彼女をまもらにゃ! と 張り切る。  あー 何事もありませんように。

 と祈ってすぐ 一晩冷蔵庫に入れてなかった鶏肉をほおばった相棒は バスの中でもがきはじめ、 なんとかカンクン着。

 宿の名前しかわからんで タクシーに乗って 着いてみたら

 なんとバスターミナルから 徒歩3分のところに その宿はあった。

 「Rosas7」。 日本人宿ね。快適。 おすすめ。


 「この距離を タクシーに乗ってきたのは あなたたちが初めてよ」 と、ありがたい「はじめて物語」の称号をいただきました。


 相棒は 数日 鶏肉痛で寝込み、 美しき私の誕生日も 布団の中から「すまんね~。おめでたう」と 絞りだしたような声で 祝ってくれた。


 それでなくても旅先は、屋台などでおなかを壊すことが多いってのに 食べ物を自ら腐らせて食した君は いったい。。。。  でも 憎めない。 Kよ・・・・。


 次回も  はじめて物語2を お送りします。まさか ここで はじめてのあれが。。。。。
[PR]

by sachikaru | 2008-05-10 03:39 | メキシコ