道場 幸子 ただいまカナダであります! 
by sachikaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
プロフィール
↑カメラ・ライフ Vol,4に載ってます。

道場 幸子(どうば さちこ)
北海道小樽市生まれ。
ただいまカナダ在住。
「亡くなった母にきれいな景色を見てもらいたい」と旅と写真を始める。
世界22カ国行ってみたが、あぁまだまだ世界は広い。

2009年夏、富士フィルムフォトサロン札幌・仙台にて初の写真展「つながる手と手~ぱしゃり中南米」を開催。

ポストカード、フォトブック、写真数量限定販売中です。気になる方は メールください!
販売について


☆メールはこちらへ
sachikaru㈱keroro.keroro
.com ㈱を@に変えてくださいね


■リンク
パラダイスさん
大沢カメラさん
堀田先生
kojiさん!! オーロラ写真!
男の為の「花とブーツ」
明日香さん
桐ちゃん
HiGra編集長様
ケセラ セラ
青い瞳に魅せられて
■世界で起こっていること
サパティスタ民族解放軍
ジンバブエの高橋朋子さん
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボリビアで 入院する。
 前回の続き

 ボリビア スクレにて 入院した時のお話。 
 
 即入院!となり、 病院着に着替えてね、とトイレに入れられる。
 突然のことでぼんやりしながら 着替えているときに、ふと視界に入ったのが 鏡に映る自分。鎖骨がくっきりで、げ、めっちゃ痩せてるやん。 と 自分でびっくり。

 大部屋に連れて行かれると、そこにいたのは、焼けた肌に真っ白な歯、目が大きな現地のおばちゃま、そして 見るからに インディヘナ!! 町でよく見かける民族色たっぷりな 体格のよい、おさげのおばぁちゃまでした。

 病院を紹介してくれたマリアちゃん お見舞い来てくれてありがとう。
f0051485_10511154.jpg


 そうそう、この病院。ホスピタル ハポネス 訳すと「日本病院」。
 実は、日本の寄付によってなりたっている大きな病院です。

 入院するときに 看護婦さんに 「ここは 日本のおかげでできている病院だから、あなた日本人でしょ、安くなると思うわよ」   まじすか

 点滴に薬にと ひたすら休む。

 はっきり言って快適。 なんてったって暖かい。
 南米に入ってからというもの、暖房付の宿なんてなかった。いつも宿で寒さに震えてるってのに 病室内はとても暖かく トイレ、 そして、医者のナンパ付。笑  うー極楽。 

お見舞いに来てくれた旅仲間が くれたお花。ありがとう。
f0051485_10585640.jpg


 インディヘナのおばぁちゃんと 37歳の地元奥様との相部屋は おもしろかった。

 トイレに何回行った?の看護婦からの質問に 「何回行ったかな・・・」と毎回 頭を悩ます私の代わりに、2人が数えてくれてて、「トレスー(3回行ってたよー)」 と 答えてくれます。

 毎朝 白いキョトウ並みの 25人以上の回診、の割に、くだらない話しかしない院長。

 看護婦も強烈。 
 トイレで用を済ましていると みなが止める中、いきなり巨体の看護婦がドアを開けっ放しに乱入。 
 <ちょっと!>と文句を言うと、 にっこり笑って 「今朝、トイレ何回行った?」。 「3回、、、」とつぶやくと こくりとうなずき出て行った。

 「タコヤキ!!」と 友達の輪のようなポーズをとって 笑わせる看護婦、
 
 回診そっちのけで 日本語で話しかけるおやじ医師、
 ボリビアの病院は 楽しいですね。

 結局、魚介なのか、水が悪いのか、何かによる菌がお腹であばれていたみたいです。 本当なら 3,4泊した方がよかったのに、旅仲間に迷惑をかけるのが申し訳なくって、無理言って2泊してでてきました。

 そこで気になる 入院料。
 いくら請求されるかと、どきどきしていたら、

 2泊で 30ボリ(450円)。最後の朝は スープとゼリーも出たっていうのに。

 安宿より安かった、のでした。

 


☆ランキングに 2つ参加してます
ぽちっと♪ お願いします☆
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]

by sachikaru | 2011-05-26 10:41 | ボリビア
<< 髪を切りました スクレで友人との再会 そして。。 >>